2011年 四国お遍路 補足情報

今年、はじめて四国お遍路に行ってきました。このへんの補足情報をここに記しておきます。

1.装備
フル装備できている人も結構いましたが、わたしは控えめにしていました。
山谷袋
経典(四国用の必要な経典がまとまっている物)
納経帳
納め札
数珠

白衣、金剛杖、笠は用意しませんでした。
車でも、白衣をきている人は結構多かったです。

2.お参りのスタイル
ちょっと簡易的にやりました。
本堂に納め札をおさめ、お賽銭をあげて読経。(読経も、般若心経、真言、高祖宝号、回向文に絞っています)
大師堂では、納め札とお賽銭を省略して読経をしました。
ろうそくと線香はお供えしていません。(最初、まぁいいやで省略してしまい、後からみんなが殆どやっているのに気が付きましたが、そのままにしました)
必ずお参りを済ませてから納経所へ行くことにしていました。このため、お参りをしている間に団体さんに先をこされ、納経を待たされたことが結構ありましたがこれは仕方ないことと諦めました。

3.車で廻る際のポイント
最近はナビの案内で廻ることが多いですが、近くまで来たら、案内看板を優先したほうが良さそうです。案内看板は、走りやすい道を考慮していたり、駐車場へのアプローチを考慮していたりします。
離合の難しい山道を走ることが多いですが、この際のポイントは、できるだけ遠くで対向車を見つけて、一番有利なところで待つことです。このためには、走りながら、カーブミラーに必ず眼をやることです。注視する必要はありません。チラッと見るだけで、動くものは認知できます。一方、対向車の多くは山道に慣れていないので、このへんを心得ておらず、ぎりぎりまでこちらを認識できず、気がついてもそのまま突っ込んできます。このためにも、できるだけ手前の有利なところに退避することが重要です。

P1140389

以前から、四国を走っているとあちこちでお遍路さんを見かけましたが、今回の経験で、この人達がいまどこへ向かっているのかわかるようになりました。
歩き遍路の人を見かけると応援したくなりますね。

P1140390

2011/05/21 高野山お参り

お遍路が終わると高野山奥の院にお参りするのがしきたりらしいので行ってきました。
中央環状線やR370で高野山まで行きました。比較的早い時間だったので車はそれほど多くなかったです。

大門
P1140341

金剛峯寺
P1140343
P1140344
P1140345
P1140347
P1140348
P1140349
P1140350
特徴的な桁がありますね。
P1140354
調理場
P1140355
P1140356
P1140357

徳川霊台
徳川家康と秀忠が祀られている、双子のほこらです。
P1140358
P1140361
こちらが家康
P1140359
こちらが秀忠
P1140360

ここでは、交番もまわりに溶け込んでいます。
P1140362

奥の院入り口
P1140364
P1140365

武田信玄
P1140366
伊達政宗
P1140367
豊臣家
P1140369
織田信長
P1140370

そして、奥の院の一番奥です。ここから先は撮影禁止
P1140371
P1140372

お参りを終えて、納経してもらいます。
P1140374

元の所に戻るとお昼を過ぎていたのでお昼ごはんにしました。
中央食堂 さんぼう
P1140380
粟麩田楽弁当
P1140379

おみやげに、ごま豆腐を買いました。
P1140375
コンビニもこんな店構え
P1140376

さらに奥に車で進むと、高野龍神スカイライン
バイクがいっぱい走っていたり、事故っていたりしました。
ごまさんスカイタワー
P1140381
P1140382
P1140383

道の駅 龍神
P1140385

高野山のついでに来たのが、龍神温泉です。
1時間くらい入っていました。
P1140386
P1140387
P1140388

帰りも、来た時とほぼ同じ道でした。

2011/05/15 四国お遍路 おまけ

お遍路が終わった後、ついでの道の駅めぐりです。

道の駅 土佐和紙工芸村
CIMG4888

ここは前夜に温泉に入ったときにスタンプが押せたので、早めに次に向かいました。

shikoku

CIMG4889
CIMG4890
CIMG4891
CIMG4892
CIMG4894

道の駅 633美の里。むささびと読むそうです。
CIMG4898

道の駅 木の香
CIMG4899
資料で営業時間が11時からとなっていたので心配しましたが、これは温泉施設の営業時間で、売店は9時からやっているようです。
CIMG4900
CIMG4901

とちゅう、棚田の看板がありました。
CIMG4902
これかな?
CIMG4903
CIMG4904

酷道として有名なR439を走りますが、このへんは大丈夫らしいです。
CIMG4906

道の駅 さめうら
CIMG4908
四国の水瓶としてよくニュースに出てくる早明浦ダムです。
CIMG4909
CIMG4912
CIMG4913
CIMG4914
CIMG4915
CIMG4918

道の駅 大杉
CIMG4921

このそばに、杉の巨木があるのが名前の由来らしいです。
CIMG4922
神社もあります。
CIMG4923
2本の杉が融合しています。
CIMG4924
CIMG4927
CIMG4928

R32を北上して大歩危をかすめて東に入ると、祖谷です。

道の駅 にしいや
CIMG4932

かずら橋そばの、駐車場を兼ねた物産店
CIMG4933
CIMG4934
CIMG4935
CIMG4936

かずら橋
CIMG4944
CIMG4945
CIMG4946
手すりにつかまって動けない人と、平気ですたすた歩く人と両極端でした。
CIMG4948
CIMG4938
CIMG4941
CIMG4952
CIMG4953
琵琶の滝
CIMG4955
CIMG4957
CIMG4958

ここで、祖谷そばのお店に入りました。
CIMG4959
CIMG4961

道の駅 大歩危
CIMG4969
このへんは、子泣きじじいのふるさとなんだそうです。
CIMG4970

CIMG4963
CIMG4964
CIMG4965
CIMG4971

途中から、R319に入り、西へ。
ちょっと酷道でした。
CIMG4973
CIMG4975

道の駅 霧の森
ここも最近できたようです。
CIMG4976
CIMG4977
CIMG4979

ここから徳島道に入り、井川池田ICでおります。
道の駅 三野
CIMG4980
CIMG4981
CIMG4982
CIMG4983

道の駅 たからだの里さいた
ここで、四国の道の駅制覇が完了しました。
CIMG4984

帰る前に、うどんを食べることにします。
何回か行った釜揚げうどんの長田関連の新店です。
長田in香の香
CIMG4985
CIMG4988

帰りは、淡路島側は混むかもしれないので、瀬戸大橋から行くことにしました。
モニターを見ずに適当撮影です。
CIMG4993
CIMG5002
CIMG4995
CIMG5003

龍野西SA
CIMG5006

せっかく渋滞回避を狙ったのに、三木から宝塚までずっと事故渋滞とのこと。
ナビに渋滞回避を任せたら、三木から神戸淡路道路で南下して、そこから阪神7号北神戸線に入って西宮山口まで行くという、すごい大回りをさせられました。
神戸淡路道路に入ったので1000円追加の上、阪神の料金もかかりました。

あとは特に問題なく無事帰着しました。