2012/10/27 淡路島

道の駅のスタンプラリーが淡路島だけ残ったので行ってきました。
高速代をけちって垂水ICから橋だけを利用します。

橋を渡る様子をドラレコから拾ってみました。別に何が起こるわけでもないんですが...

明石海峡大橋

 

淡路SA

アンケートをやっていて、粗品として淡路玉ねぎをくれたようですが、希望者がいっぱいいてチャンスがありませんでした。
DSC02077
DSC02081
橋を見ながら朝ごはん
DSC02083

道の駅 あわじ

DSC02089
橋の直下にあります。
DSC02092
DSC02091
たこフェリーはなくなってしまいましたが、ジェノバラインはまだがんばっています。
DSC02093
巨大なアンカレイジ
DSC02098
その前にあるのが、工事用のブイを固定するのに使ったシンカー(おもり)
DSC02097
DSC02101
ダイバーの作業拠点となった、水中基地、神竜
DSC02104
DSC02105
DSC02106
ワイヤーを巻いていたリール
DSC02107
工事用のブイ
DSC02110

ちょっと内陸の山に入ったところで公園があります。
あわじ花さじき
P1000148
DSC02113
コスモスが一面に咲いています。
DSC02114
DSC02115
DSC02117
DSC02123
DSC02133

DSC02137
DSC02138
DSC02142
DSC02143

DSC02145

DSC02148
DSC02149
DSC02152
DSC02156
DSC02157
DSC02159
DSC02161
DSC02168

DSC02173
DSC02175
DSC02180
DSC02182
DSC02190
DSC02191
売店では、お魚の天ぷらを売っていました。
P1000150
P1000151
揚げたてです。
P1000152
タコとグチの天ぷら
P1000153

海岸線に降りてきて、道の駅 東浦ターミナルパーク
P1000155
ここに、中浜稔 猫美術館というのがありました。
猫ということで、素通りできません。
P1000156
淡路島出身の中浜稔という人の猫をテーマにした墨絵の美術館だそうです。
これは入り口にあった絵ですが、こんな感じの絵がいっぱい展示されています。
P1000157

P1000158
P1000159

ここの最後に紹介されていた、猫浜物語というのがおもしろかったです。

途中で、海の景色を撮ろうと車を止めたら、なんかいました。
「電話かかってこないかな~」
DSC02193
DSC02197
DSC02198
DSC02192
出てきた。
DSC02199

さらに先へ。
洲本をこえると寂しい海岸線になります。

そして、モンキーセンター
DSC02202

10月-11月は、山に木の実を拾いに行くので山を降りてこないそうで、休園です。
DSC02205
このへんには他にお店がないので、モンキーセンターの前のお店でお昼にしました。
P1000164
タコの天ぷら定食
地物のタコと玉ねぎの天ぷらを藻塩で食べます。
P1000160
DSC02203
DSC02204
DSC02207

更に進んで、やっと反対側の鳴門大橋付近に着きました。
道の駅 うずしお
DSC02209
カメラのフードの付け方が悪かったらしい...ケラれてます。
DSC02210
ここのスタンプで、スタンプ帳が埋まりました。
鳴門金時ソフトクリーム
DSC02211

DSC02213

ちょっと渦ができかけている気がする。
DSC02216
DSC02220
DSC02221
DSC02222
DSC02224
DSC02225
ここは鉄道を通すように作られたところです。
明石海峡大橋にこれがないので、もう鉄道の話はなくなっています。
徳島側は少し歩ける「渦の道」として公開されています。
どうせなら、原付が走れるようにしてほしい。
DSC02227
DSC02228

西海岸をずっと走って、再び道の駅 あわじに戻って来ました。
DSC02233
DSC02232

そして、ついでに淡路ハイウェイオアシスに寄りました。
P1000165
淡路SAから直接来れますし、外から入ることもできます。
ただ、あまり目立たないので人は少ないです。
P1000167
P1000168

また淡路ICから橋をわたって、垂水ICで降りて、渋滞の中、R28-R43-R171で帰りました。

2012/10/21 京都「九条ねぎ」フェスティバル、東寺弘法市

TDM900を売却したあと、いったん家に帰ってヘルメットを置いてから出かけるつもりでしたが、「どうせ京都に出るならそのまま行ったほうが安いや」と思い、そのまま京都へ行きました。

この週末、梅小路公園で京都「九条ねぎ」フェスティバルというのをやっているので行ってきました。

梅小路公園。いつもより人が多そうです。
P1000085

きょうのにゃんこ
いつもと違って人がいっぱいで戸惑っているらしく、しきりに鳴いていました。
P1000086
P1000088

会場付近はテントもたって、人がいっぱいで、歩くのも大変でした。
P1000089
メインのイベントは九条ねぎを使ったラーメンの販売です。
全国の有名店(といっても1/3くらいは京都)が出店をしています。
食券を買うところから並びます。
P1000091

九条ねぎのレシピ紹介もしていました。
P1000092
お店周りは行列が長くでき、大混雑です。
P1000095

けいすけ北の章というお店にしました。
そういえば、東京駅の地下にお店がありましたね。
P1000096
P1000097
結局、45分くらいかかりました。
ワタリガニのダシを使った味噌ラーメンです。
あんまり九条ねぎらしさが無いですね。
P1000098

お箸を気に入ったお店の所に入れることによって投票できて、これによって順位が決まるそうですが、1店しか食べていないので評価できず、不参加のところに入れました。
P1000100
飲食席があまりなく、空席を探すのも大変でした。立ち食いしている人も結構いました。
P1000101

どこかの取材ですね。
P1000103
まゆまろは人気者
P1000104

B級グルメのお店もあり、近くの向日市の激辛メニューも出ていました。
P1000105
P1000107

野菜の売店もありましたが、肝心の九条ねぎは売っていませんでした。売り切れた?
P1000108
P1000109

P1000110
P1000111
P1000113
P1000114
P1000115

ついでに水族館に行ってこようと思ったのですが、パスポートを持ってくるのを忘れたようです。
この前財布の中身を整理した時に入れ忘れたようです。
P1000116

しかたがないので、東寺の方に行きました。
宝物館の秋季特別公開で弘法大師行状絵巻を展示しているとのことなので、まだ宝物館へ行ったことがないことだし行ってみることにしました。
いつもは結構広々としている東寺ですが、この日は出店がいっぱいでした。
P1000118
P1000119
P1000120
P1000121
P1000123

P1000125
P1000126

毎月21日は弘法市が開かれるそうです。
P1000127
これは、胡弓ぽいけど調べてみると違うようですね。
見た目以上に響く楽器です。
P1000130
P1000129

P1000131
P1000132

宝物館
絵巻だけでなく、もと食堂にあった千手観音がみごとで興味深かったです。
P1000133

御影堂も賑やかでした。
P1000137
うらの不動明王のところでは護摩焚きをやっていました。
P1000139

P1000142

四国のお砂踏みもやっています。
なんでもありですね。
P1000143

P1000146

ヘルメットを提げて歩いているのであまり歩きやすいとはいえず、このへんで帰りました。

さよならTDM

これまで何の伏線もはっていなかったので突然になりますが、本日TDM900Aを売却してきました。

以前から、「そろそろ潮時かな?」と思っていたので、来るべき時が来たという感じです。

このバイクでやりたかったことは大体やりつくした一方、2輪は気温や天候に左右されることが多いため、つい日和ってしまう傾向にあり、行きたいところに行けないケースもあってストレスとなっていました。今夏の北海道で1日雨だった時などもこういったことを実感していました。
こういうことで、いつの間にか乗らなくなって、「エンジンがかかるかどうかもわからない」みたいな状態で放置するのは避けたいと思い、まだ乗りたい気分もあるうちに売却することにしました。

また、ここ1年ほどで体重が10kg弱減っており(体を壊したのではなく、減量をがんばった結果です)  今まで使っていたウェアが合わなくなってしまい、買い直すとお金がかかることや、あんまり乗らない割に駐輪場や保険の費用がかかるといった金銭的な理由もあります。

そろそろ今年のシーズンも終わりで、来春は車検なので、タイミング的にこの時期になりました。

この1週間でナビのベースやタンクバッグの金具を外したり、各部を磨いたり、書類をまとめたりして準備を整えてお店へ行きました。過去に何回か売却したことがある経験から、購入したYSPではなく赤と黄色のお店にしました。

セイムキーにしている関係上、トップケースと小さい方のサイドケースもつけたままにしましたが、ちゃんと査定に入れてもらえたようです。
大きい方のサイドケースは蓋に亀裂が入っているので商品にはならないと思い、手元においたままです。

店長さんが各部をチェックして、減点となる不具合はないと言ってくれましたが、走行距離が33,000kmというのがマイナスとなりました。

ということで、これが最後の姿です。
P1000081

帰りはタクシー代として1000円いただきましたが、桂川駅までのんびり歩いて帰りました。
P1000082