2014/03/22 御誕生寺の猫

タイヤ交換のために実家に帰って、京都に戻る途中で猫寺に行ってきました。

DSC00088

DSC00089
DSC00091
DSC00092
DSC00094
DSC00096
DSC00098
DSC00099

フォトコンテストもやっているようです。
DSC00102

DSC00103

DSC00106

DSC00108
DSC00113
DSC00117

階段に腰掛けたら、すかさず一匹膝の上に乗ってきました。
動けない
DSC00119
DSC00120
DSC00121
DSC00122
DSC00125
DSC00129
DSC00133
DSC00136
DSC00138
DSC00143
DSC00145

制限なく受け入れることもできず、お寺の方でも色々悩んでいるらしいです。

2014/03/16 光の賛歌 印象派展、阿弥陀寺、大徳寺

京都文化博物館で「光の賛歌 印象派展」という美術展をやっていたので行ってきました。印象派の美術展が多いです。誰かが言ってましたが、日本人は印象派が好きですね。

旧館
DSC00800
新館
DSC00801
DSC00803

印象派の作品を、パリ郊外セーヌ川河畔を中心に描いていた時代から、都市化されたパリを離れて下流へ移動し、最終的にノルマンディー海岸へモチーフを変えていった経緯を示しながら展示していました。
最初に、印象派に影響を与えた画家として、この前見たターナーの作品が展示されていました。モネが睡蓮を描いている実写動画もあり、興味深かったです。
また、モネに野外での制作を薦めたというブーダンという画家の作品が印象的でした。

京都御苑
DSC00001
梅が咲いています。
DSC00002
DSC00006
DSC00010
DSC00011
DSC00014

DSC00016
DSC00017

DSC00019
DSC00021

DSC00025

DSC00026
DSC00027
DSC00032
DSC00052
DSC00055

お仕事中
DSC00056

近衛邸跡の桜、もう少しですね。
DSC00057

DSC00060

寺町の阿弥陀寺
京の冬の旅で公開されています。
DSC00061
DSC00063
織田信長ゆかりの寺です。
信長の墓は大徳寺や高野山など数カ所にありますが、ここが正式な墓所だそうです。
ここの住職が本能寺まで回収に行ったとのこと。
DSC00064
DSC00065
信長の墓
DSC00067
DSC00070

謎な一枚
DSC00072

寺町通は革堂あたりまでは大通りですが、このへんは静かですね。
DSC00073

ずっと歩いて大徳寺
DSC00074
DSC00075
DSC00077
DSC00078
DSC00079
DSC00080

塔頭の一つ、聚光院
千利休の菩提寺だそうです。
DSC00081
よくある方丈と庭がメインでしたが、千利休の菩提寺らしく、裏には茶室がありました。
DSC00082

DSC00084

もうすこしすれば桜の季節ですね。

2014/03/08 城南宮の梅

今年はみなべへ行くのを見送りましたが、梅の名所には行ってきました。
近場の城南宮です。

DSC01790
DSC01791
DSC01792

まずはお参りを済ませます。
DSC01794
DSC01795
DSC01796

続いて神苑に入ります。
DSC01797
DSC01798
DSC01801

しっかり咲いてますね。
DSC01802
DSC01803
DSC01804
DSC01806

DSC01811
DSC01815
DSC01818

このへん、絵になりますね。
DSC01823
DSC01824

ちょっと引くと、見学者がいっぱい
DSC01830

このへん、降ってくるような雰囲気が感じられます。
DSC01832

DSC01834

DSC01846
DSC01855
DSC01859

椿も咲いています。
DSC01867
DSC01870
DSC01875

DSC01876
DSC01878
DSC01881
DSC01889
DSC01893
DSC01895
DSC01902
DSC01906

DSC01908
DSC01910
DSC01914
DSC01916
DSC01919
DSC01927

神苑から出ました。
DSC01935
宿り木
DSC01936

DSC01932
DSC01939

DSC01947
お神楽をやっていました。
DSC01948
DSC01949
DSC01958
DSC01959

DSC01961

ここは駐車場が無料なのが助かります。
DSC01963