2014/05/24 霊山寺・当麻寺

あるお寺でバラ園が見頃だということを聞いたので、行ってきました。
奈良の霊山寺です。

生駒市にある霊山寺
DSC02326
駐車場はギリギリ空いていました。

まずはお寺そのものを見学します。
DSC02327
DSC02328
DSC02329
DSC02331
DSC02332
DSC02333

薬湯のお風呂があります。
奈良時代から続いているそうです。
DSC02335

DSC02337
DSC02338

ランチショーをやっているそうです。
DSC02340

DSC02342
DSC02344

大辯財天堂
DSC02346
DSC02347
DSC02348

黄金殿と白金殿
DSC02350
それぞれ金箔やプラチナ箔が貼られているそうです。
盗難防止なんでしょうがお堂を包むガラス張りが違和感ありますね。
DSC02351
DSC02352

DSC02355
DSC02356
本堂
本尊の薬師如来は秘仏で、秋に開帳があるそうです。
DSC02357
DSC02362
DSC02363
DSC02365
DSC02360

奥の院は山道を歩きます。
DSC02367
DSC02368
気を抜くと、危険なものがぶら下がっています。
DSC02369
DSC02370
DSC02371
DSC02373
奥の院に到着。竜神を弁財天として祀っているらしいです。
普段は離れたところからのお参りになるようです。
DSC02375

DSC02377
大師堂
歴代徳川将軍の位牌もあるそうです。
DSC02379

三重塔
DSC02383

ゴルフ練習場もこのお寺が経営しているらしいです。
DSC02387

本題のバラ園に入ります。
DSC02390
DSC02391
DSC02393
DSC02394
DSC02398
DSC02404
DSC02406
DSC02407
DSC02409

DSC02413
DSC02414
DSC02415

DSC02417
DSC02421

DSC02423

DSC02427
DSC02428
DSC02432
DSC02435
DSC02438
DSC02462
DSC02467
DSC02473
無料で写真を撮って印刷したものをくれるサービスをしていました。
DSC02471
出る頃には駐車場入場待ちの渋滞になっていました。

ついでなので、前から行きたかった当麻寺にも行ってきました。
霊山寺より南の、葛城市です。近いと思ったけどかなりあった。
市営の観光駐車場に車をとめましたが、お寺近くの民間の駐車場のほうが安かった。

DSC02475
DSC02476
DSC02480
DSC02481
DSC02483
DSC02484
DSC02485
あちこちで絵を描いていますね。
DSC02487
DSC02488
DSC02489
本堂
本尊は中将姫が織ったと言われる曼荼羅です。
DSC02490
中将姫
DSC02491
金堂
本尊は弥勒菩薩で、最古の塑像だそうです。
DSC02492
講堂
本尊は阿弥陀如来
DSC02493
大師堂
DSC02495

奥院へ
DSC02497
DSC02498
DSC02499

本堂は修理中では入れませんでした。
ここは京都の知恩院の奥の院でもあるそうです。

このお寺は真言宗が管理しているところと浄土宗が管理しているところとあるみたいですね。
DSC02501
DSC02503
創建時の二塔が残っているのはここだけだそうです。
そういえば、薬師寺の西塔は再建でしたね。
DSC02504

宝物館
DSC02510

浄土庭園
DSC02512
DSC02514
DSC02516
DSC02517
モネの世界
DSC02525
阿弥陀堂
DSC02529
DSC02532

DSC02533

西南院
DSC02534
メインは牡丹なのかな。
DSC02536
DSC02537
DSC02539
本尊は十一面観音
DSC02541
庭の横にみはらし台がありました。
DSC02542
みはらし台からは2つの塔が一望できるんですね。
DSC02543
DSC02548
DSC02550
DSC02554

塔の近くまで来ると見上げることになるので離れたほうがいいですね。
DSC02558

中之坊
役行者が開いたお寺だそうです。
DSC02562
DSC02564
代々陀羅尼助丸を作ってきた釜
DSC02565
DSC02566

本堂
中将姫が剃髪したところだそうです。
本尊は十一面観音で、導き観音と呼ばれています。
DSC02568
DSC02569
DSC02572
DSC02574
DSC02575
DSC02579
DSC02580
DSC02582
DSC02584

さきほど絵を描いていた人達が集まって講評会をやっていました。
イベントだったらしいです。
DSC02585

千仏院
DSC02586
DSC02588
DSC02589
DSC02592
DSC02593
DSC02594
DSC02595

最古の石灯籠だそうです。
DSC02596

だいたい見終わって、帰りました。
DSC02601

2014/05/18 夢見るフランス絵画・須磨海浜水族園

兵庫県立美術館で夢見るフランス絵画~印象派からエコール・ド・パリ~という展覧会をやっていたので行ってきました。阪神淡路大震災から20周年という節目を意識した展示会だそうです。

地元の駅へ向かう途中のバラ
P1010588
P1010589

美術館に到着
P1010590
P1010593
P1010594

いつもの印象派の絵かと思ったのですが、確かに前半に印象派の絵はありましたが、後半はそれ以降のフランス美術の紹介でした。
モーリス・ド・ブラマンクの雪の中の街の風景や、藤田嗣治(レオナール・フジタ)の緻密な書き込みなどが印象的でした。
入った時にちょうどボランティアによる作品解説のセミナーがあったので、音声解説を借りなくてすみました。

美術館を出て、お昼だったので、近くのベーカリー兼レストランで食事にしました。
P1010597
淡路島カレー
P1010595

神戸まで来たので、ついでに須磨まで向かいました。
須磨海浜水族園
P1010598

着いた時間にちょうどラッコの餌やりをやっていたのでそっちに向かいました。
あんまりいい写真が撮れなかった。
P1010605

P1010606
P1010608

ペンギン館
P1010613
P1010615

アマゾン館
P1010616
P1010618
P1010621
P1010622
P1010623

次にイルカショーが始まりました。
DSC02201
DSC02202
DSC02203
DSC02205
DSC02206
DSC02209
DSC02213
DSC02227
連写機能を使うとしっかり撮れますが、動き感がいまいちですね。
シャッタースピードの手加減が必要かも。
DSC02236
DSC02242
DSC02245
DSC02247
DSC02265
途中、スプラッシュタイムと言って、観客にわざと水しぶきをかける演技がありました。最後にもそれをやったのですが、終わったと見せかけてさらに水しぶきをかけるフェイト演技もありました。

DSC02268
DSC02270

DSC02271

DSC02276
DSC02277

トンちゃん? (c) けいおん!
DSC02281

ピラニア
DSC02284

ネオンテトラ
DSC02286

特別展-研究者は見た!驚異のアマゾン-「アマゾンの謎に挑む」というのをやっていました。

DSC02287
アマゾンでの各種研究の中間報告みたいなのをやっていました。
DSC02289

本来最初に見る、大水槽
DSC02290
DSC02292
ローニンアジかな?
DSC02294
DSC02296
カタクチイワシ
DSC02297

DSC02300
DSC02301
DSC02303
トビハゼ
DSC02306

バックヤード
DSC02307
DSC02308
DSC02314
大水槽の上
DSC02316

DSC02317
DSC02318
DSC02320

海岸に出ました、
DSC02321
明石大橋が見えます。
DSC02322
DSC02324

このあと電車に乗って帰りました。

2014/05/17 沖島

琵琶湖に浮かぶ島といえば、西国三十番札所の竹生島ですが、もう一つ興味ある島があるということで行ってきました。近江八幡沖にある、沖島です。竹生島は通いの住民しかいませんが、沖島は定住している人が350人くらいいるそうで、淡水上で定住者がいる島は国内でここだけだそうです。

沖島に渡る船は、近江八幡の国民休暇村のそばにある堀切港から出ています。車で向かいました。
港内は関係者以外駐車禁止らしいので、県道をちょっと進んだところにある、道路脇の駐車スペースに車をとめました。
DSC01966
DSC01968
DSC01969

船のスケジュールがあるのですが、車だと予定が立てづらく、適当に行ったのですが、船が出た15分くらい後に到着して、次の便まで2時間弱待ちということになってしまいました。
DSC01977
暇つぶしの散策が始まります。
DSC01972
DSC01973
DSC01976
DSC01995
DSC01978

にゃんこ発見
DSC01979
DSC01981
なかなか人懐っこかった
DSC01983
船の上も歩き放題
DSC01987
DSC01988
DSC01991
DSC01996
DSC02000

この船は小鮎を採る装備らしいですね。
DSC01992
DSC01994
DSC02001

船が来たと思ったら、宿の送迎船らしいです。
DSC02010
DSC02011

船の時間が近づいてくると、人が増えてきました。
DSC02012
郵便やさんが荷物を準備していました。
DSC02014

今度こそ、来たっ
DSC02015
DSC02019
DSC02020
DSC02021
搭乗
DSC02022
操舵室が丸見え
DSC02023
出発
DSC02024
宿の送迎船も移動しています。
DSC02028
沖島の町並みが見えてきました。
DSC02030
DSC02031
到着
DSC02034
DSC02035
DSC02036
この島にはほとんど車がないので、3輪自転車が軽トラ代わりです。
DSC02037
売店
DSC02038
DSC02039
猫発見
DSC02041
声をかけたら出てきてくれました。
DSC02048
DSC02050
DSC02054
DSC02055
DSC02057
思ったほど猫はいませんでした。朝いちを目指すべきなのかも。

DSC02058
DSC02059
DSC02060
DSC02061

DSC02062
DSC02063

DSC02064

自動車が通らないので、道路は狭いですね。
DSC02065
DSC02066
DSC02067
DSC02069
DSC02070
DSC02071
DSC02073

DSC02074
小学校
DSC02075
DSC02076

DSC02079
DSC02080
DSC02081
DSC02082
DSC02083
DSC02084
DSC02086

なんかいた
DSC02087
シマヘビのようなので安全ですね。
DSC02089

だんだん道が怪しくなってきます。
DSC02090
DSC02091
DSC02092
DSC02094

弁財天のある厳島神社に到着
DSC02095
DSC02096
DSC02097
DSC02098
DSC02100
DSC02101
DSC02102

同じ道を戻ります。
DSC02104
DSC02105
DSC02106
DSC02107

ふたたび小学校
DSC02108
児童は9人しかいないそうですが、立派ですね。
ちなみに中学生は船で本土へ通うそうです。
DSC02109
DSC02110

町並みに戻ってきました。
DSC02111
車が通る必要がないので、路地は狭いですね。
DSC02112

怒っている猫
観光客の人についてきた子猫が他の猫のテリトリーに侵入してしまったそうで、追求を受けています。
DSC02113
DSC02114

DSC02115
DSC02116
DSC02117
DSC02118

DSC02119
DSC02120
DSC02121

DSC02122
DSC02123
DSC02124
ここでも猫発見ですが、逃げられてしまいました。
DSC02125
DSC02126
DSC02128
DSC02129

瀛津島神社
DSC02131
DSC02132
DSC02133
DSC02134

港に戻ってきました。
DSC02137
DSC02140
イベントなのか、島の住人らしい子供がうなぎのすき焼きぽいのをやっていました。
DSC02143
DSC02145
DSC02146

そろそろ帰りの便の出発らしいので船に移動しました。
DSC02148

DSC02149
DSC02150
DSC02152
DSC02154

DSC02159
DSC02163
DSC02164

本土に到着
DSC02166

ついでなので、西国31番、32番を回ることにしました。
西国32番札所 観音正寺
DSC02167
DSC02168
DSC02170
DSC02171
DSC02172
DSC02173
DSC02175

DSC02178
DSC02179
水郷めぐり
DSC02182
DSC02186
DSC02187

西国31番 長命寺
DSC02189
DSC02190
DSC02191
DSC02192
DSC02193
DSC02195
DSC02196
DSC02197
DSC02198

DSC01161
湖岸道路で帰りました。