2014/07/21 新選組ゆかりの地訪問

京の夏の旅で新選組ゆかりの島原の建物二箇所が公開されていたので、ついでに新選組ゆかりの地を回ってきました。

まずは壬生寺。はっきり言って新選組についての予備知識は持っていません。
P1000511

近くに来ると、それらしい看板が出てきます。
P1000512

途中に、新選組屯所 前川邸というのがありました。
P1000513
P1000515
いまはお土産物屋になっていました。
P1000517

ラッパを鳴らして回る、おとうふ屋さん。
P1000519

こちらは、八木家住宅
P1000520
ここが新選組の最初の拠点になったそうです。先ほどの前川邸は、人数が増えてこちらだけでは賄えなくなって分宿したものらしいです。
P1000522
P1000524
中は撮影禁止。
最初の頃、武士出身の芹沢鴨らのやりたい放題にたいする処置を迫られて、農民出身の土方歳三らが芹沢らを暗殺したのもここだったとのことで、現場も見学することができました。

八木家はいまは和菓子屋さんをやっており、見学料にお茶のセットがついていました。
八木家の先祖は福井の朝倉氏だそうで、戦国時代に敗れた後亀岡の八木に隠れ住んでいたのが名前の由来らしいです。
P1000526

壬生寺
P1000527
P1000528
P1000529
P1000530
P1000531
P1000533
壬生塚
新選組関連の墓が並んでいます。
P1000534
近藤勇
P1000535
P1000537
本堂
律宗というめずらしい宗派です。律宗で有名な寺院は奈良の唐招提寺です。
本尊は地蔵菩薩。
P1000538
P1000539
P1000540

ここから京の夏の旅のコンテンツです。
壬生から少し南へ行った、卸売市場のそばの、島原という地区です。
ここは、京都の花街の元締めがあったそうです。
ここができた当時、いろんな人がここを目指して移動した様が、当時伝え聞いた島原の乱のように思えたということから島原と呼ばれるようになったそうです。

島原には「置屋」と「揚屋」という業種があって、「置屋」は芸姑を養成し揚屋に派遣する業務を行っており、「揚屋」は大座敷と厨房を持ち、料理を用意して芸姑を置屋から派遣してもらい、茶会や句会、宴会を行ったそうです。遊郭と混同されそうですが、遊郭の女性は芸を持たず、逃亡を防止するために出入りが厳重に管理されていたのに対し、花街では芸を持ち、出入り自由となっていたそうです。また、芸姑の頂点に登りつめると太夫となり、正五位の位を与えられ、皇族にも謁見できる資格となるそうです。

ここは置屋の輪違屋。芸姑を派遣する方ですね。
いまは料理も扱い、茶屋として営業していますが、現役のお店です。
P1000563
P1000561
P1000542
当時の太夫が客に送った営業用の和歌の下書きだそうです。
P1000544
P1000545
P1000547
P1000548

新選組が書いた書
近藤勇と書いてありますね。
新選組のメンバーがいっぱい書いておいていったそうですが、当時の新選組の評価はかなり悪かったので、ほとんど処分されてしまっていたそうです。
P1000550
P1000554

ひさしに柱がないのが特徴
P1000556
P1000558
P1000560

P1000564

続いて、揚屋の角屋
芹沢鴨暗殺の際、芹沢を酔わせるためにメインの宴会を行ったところです。
P1000566
ここはもう営業しておらず、展示用に保存されているようです。
P1000567

P1000569
P1000609

P1000571
P1000572
P1000573
P1000574
P1000575
P1000576
P1000578
P1000579

P1000582
P1000599

松の間
P1000586
P1000587
P1000589
P1000592
P1000593
P1000594
P1000604

芹沢鴨は角屋のかごに乗って八木家まで戻ったそうですが、これに乗っていたのかも。
P1000607
P1000610

だいたい新選組の概要がわかってきました。

2014/07/20 龍神温泉

どこか温泉に行きたくなって、龍神温泉に行ってきました。

京奈和道路の有料+無料区間を乗り継いで、高野龍神スカイラインへ。

ごまさんスカイタワー
いつのまにか、DoCoMoの電波が届くようになっていました。
DSC03278
DSC03279
DSC03280

実際は時間がかかっていますが、写真的にはあっという間に龍神温泉に到着
DSC00385
DSC00386

途中の道の駅でお昼にしょうと思っていたのですが、バイクを中心に駐車場がいっぱいで、大混雑が予想されたので温泉街まで来てしまいました。
そういえば、以前Sadaさんが行ったお店があったなと思って寄ってみました。
DSC00395
ほったて小屋
DSC00388
DSC00394

過疎なお店なんだろうなと思っていたら、ほぼ満席で、なんとか席があるという感じでした。

定食と、看板にあったアマゴ塩焼きを注文しました。
あまごは大きいのと小さいのが選べて、小さいのは頭から食べることができました。
DSC00390
DSC00392

食事を終えて、いつもの湯元館
DSC00396
DSC00399
DSC00400
DSC00401

帰りもほぼ同じ道です。
途中にあったレストハウスでは、あじさい園が見頃でした。
DSC03281
DSC03284
DSC03291

山を降りて、新しくできた道の駅 柿の郷くどやま
DSC00403
以前、高野山に登る町石道を歩いた時に通ったところでした。
DSC00404
野菜が安くていっぱい買いました。
DSC00405

2014/07/13 総持寺

前日に宝厳寺と華厳寺を終え、西国巡礼も残すところ後一つなので、行ってきました。
結構近くの總持寺です。

阪急総持寺駅で降り、歩き

なんか発見。
DSC00374
DSC00375
白が混じっている方は耳にパンチがあるので避妊処理がされた地域猫ですね。

総持寺着
DSC00378
DSC00379
DSC00380
DSC00381
DSC00382

お参りを終えて納経を済ませると、通算4周め、先達として2周めの巡礼が終わりました。
先達として2周終えると中先達への昇補の申請ができるので、手続きをしておきました。他の札所だと事務局の総持寺へ手数料を送金する必要がありますが、ここでは直接納めることができます。

DSC00383
DSC00384

昇補が認められると、新しい名札が送られてくるはずです。