2013/06/03 今熊野観音寺,元慶寺,六波羅蜜寺

あんまり晴れないので、近場です。
西国の京都市付近を回りました。

まずは15番今熊野観音寺。
P1000021
P1000023
P1000024
本堂
P1000026

P1000027
こちらは大師堂
P1000028
P1000030
P1000031
P1000032

続いて山科の番外元慶寺
こういうところは原2スクーターだと重宝します。
P1000033
P1000034
P1000035
P1000036
P1000037
P1000039
P1000040
P1000041
P1000042
P1000043

混雑する清水手前の交差点を抜けて、六波羅蜜寺
P1000045
P1000046
P1000047
平清盛の塚
P1000048
P1000050
初めて宝物館に入ってみました。
あまり広いものではありませんが、有名な、南無阿弥陀仏を唱えたら声が仏の姿になったというのを表現した空也上人像や、平清盛の像などがありました。
P1000053

2013/06/08 兵庫の梅花藻

昨年は滋賀県の醒ヶ井に行って梅花藻を見て来ましたが、兵庫にも梅花藻の名所があります。そろそろ見頃になってきたということで行ってきました。

鳥取県に近い、夢千代日記で有名な湯村温泉のそばです。
ずっとR9で湯村温泉の近くまで行って、そこから浜坂の方へ入ったところです。

田君川バイカモ公園
DSC09109
DSC09110
こんな川のところです。
DSC09112
DSC09111

咲いていますね。
DSC09120
DSC09122
DSC09124
DSC09134
DSC09135
DSC09139
DSC09141
醒ヶ井よりも大きな川なので大規模な群落ですが、醒ヶ井のほうが風情がある気がします。
2年前に水害でダメージを受けたのが、やっと復活してきたそうです。
DSC09149
DSC09158
DSC09159

浜坂の町でお昼にしました。
水産会社直営のビルで、1Fが物産店、2Fより上が飲食店になっています。
P1010400
P1010393
平日のランチがおすすめらしいですが、平日じゃないので普通の定食です。
P1010395
P1010397
P1010398
P1010399

次はちょっと戻って湯村温泉へ
晴れているうちに梅花藻のところに行きたかったため、こんなまわりみちになっています。

湯村温泉 薬師湯
P1000001
薬師湯の駐車場にとめて、中心部を見に行きました。
P1000002
P1000003
P1000004
P1000006

荒湯
P1000016
湯壷でいろいろ茹でていますね。
P1000009
P1000010
P1000012
玉子とか野菜とか売っていました。
P1000017
足湯
P1000013
P1000015
薬師湯に戻って、お風呂に入りました。
町もお風呂も人は少なく、のんびりできました。
P1000018

このままR9を帰るのはつまらないので、もう一度浜坂の方まで出て、海岸線を帰ることにしました。


DSC09169
DSC09181

余部鉄橋が見えてきました。

DSC09184
DSC09185
DSC09186

古い鉄橋の橋脚は以前より減りましたが、まだ残っていますね。
DSC09187
DSC09189

道の駅 あまるべ
DSC09190

余部駅へ登る道があるようなので行ってみました。
DSC09249
DSC09191
DSC09248
DSC09247
DSC09246
DSC09196

到着
DSC09195
すっかり新しくなっていますね。
DSC09197
DSC09198
DSC09199
古い線路も一部残してあります。
DSC09201
ちょうど、列車が来ました。
DSC09203
DSC09206
DSC09209
いっぱい降りて来ました。
DSC09210
そして去っていきます。
今降りた人たちは、次の列車を待って帰るのでしょうか。
30分に1本くらいらしいです。
DSC09216
降りた人たちが見物するので、人がいっぱい。
DSC09218
下が見えるようにガラス張りになっているところもありました。
DSC09221
DSC09227
DSC09229

DSC09232
DSC09234
DSC09238

降車客が下に降りると、静かな駅に戻りました。
DSC09239
DSC09240
DSC09242
DSC09243
DSC09244
DSC09245

ふたたび海岸線を移動
DSC09250
DSC09251
DSC09253

城崎からいつものようにR372経由で帰りました。

docomoのレピータ設置

わたしはNTT docomoのスマホを使っていますが、現在のマンションに引っ越してからリビングでの受信感度が低くて困っていました。リビングが南の窓際にあるんですが、南側にもう一つの棟が建っているためこれが基地局からの電波の多くを遮っているようです。

窓際では受信感度がかろうじてアンテナ2本表示までいくこともあるのですが、ちょっと中に入ると圏外まではいかないですがアンテナ0本になってしまいます。このため、電話がかかってくると電話機を持って電波の入る玄関側に走って行ってから通話をするみたいなことをしていました。

auだとちゃんと入るみたいなので乗り換えも考えたのですが、(最近は既存ユーザーを冷遇してMNP流入者に対して手厚かったりしますし...) ダメ元で電波状況の調査と改善に申し込んでみました。(「聞かせて!ドコモの電波状況」のページ) このページだけ見ると、調査だけして、今後の基地局設定の際に参考にするだけのように見えたのですが、調査の日程調整の際に「改善用の機器を持っていく」という話をされました。

調査の日が平日だったので、お休みをもらって家で待機しました。作業の人が2人組でやってきて、まず携帯のアプリで電波状況を確認して、改善機器の取りつけ作業に入りました。今回使用した改善機器はレピータでした。これは、電波の届くところにアンテナを置いて受信させ、それを室内に再送信する機器です。
電波を安定して受信できるところということで、バルコニーの配管にアンテナを固定して、これをケーブルで室内に引き込みました。引き込みはエアコンの引き込み部を使用することもあるようですが、今回はサッシに挟んで使うフラットケーブルを用いました。電波を再送信する本体は室内に置くのですが、再送信した電波が再び自分のアンテナに入ってしまうとハウリングみたいな現象が起こるので、そちらに向けないように注意する必要があります。また、これでカバーできるのは一部屋程度の広さで、家全体をカバーするものではありません。

バルコニーに固定されたアンテナ
...ちょっと情けない
DSC09092

設置された本体
DSC09089
今回の件とは関係ないですが、後ろに写っているのはHPのMicroserverです。(WHS2011を運用)

結構発熱するようで、裏側が熱くなります。
電気代が月200円くらいかかるとのこと。

携帯と同じ周波数を使うので、電波法で管理され、個人で勝手に設置することはできません。たぶん、docomo側で設置場所を登録しているはずです。
DSC09094

窓から1mくらいの場所の、設置前後の状態です。(N-01D)
設置前
DSC09098
設置後
DSC09106
わかりにくいですが、設置前は4本全部灰色、設置後は4本全部水色です。
ただし、ちょっとアンテナの正面から外れると2本とか3本とかになります。

アンテナで電波を拾えるところがないとか、ハウリング的な障害が避けられない時とかは、インターネット回線から通信を引いてきて送信するフェムトセルを使うこともあるようですが、その場合は使えるISPに制限があるようです。(フレッツ限定とかかな)

ドコモのWebサイトにはレピータやフェムトセルを使った改善について触れているページもあるようですが、上記の調査依頼の関連ページでは直接触れていないようです。改善するとは限らないのであまり期待させないようにしているのか、お金がかかるのであまり殺到しないようにしているのか、このへんは意図するものがあるんでしょうね。

このレピータは設置料金やレンタル料金はかかりませんが、引越しや契約解除などで不要になったときは返却する必要があります。また、紛失や故意による破損の場合は4万円の賠償が必要となるそうです。