2012/06/24 西国10番 三室戸寺

梅雨の中休みで晴れ間もあるようなので、あじさいを見に行ってきました。
ついでに西国お参りもしておきます。

お昼の寄り道をして、京阪宇治駅からバスで三室戸寺まで直行しました。
シーズンを外すと静かなお寺ですが、今はいっぱいです。
DSC00624
DSC00626

DSC00627
DSC00628
DSC00632
DSC00635
DSC00638
DSC00640

あじさい園も盛況です。
DSC00642
DSC00645

DSC00646

本堂の方へ向かいます。
DSC00647
DSC00651

こちらは蓮の花
DSC00655
DSC00657

DSC00660

お参りを済ませました。
うさぎに触る列が長く伸びていました。
DSC00664
DSC00665

DSC00666
DSC00673
DSC00676

あじさい園側に戻ります。
DSC00680
DSC00681
DSC00684
DSC00686
DSC00688
DSC00694
DSC00695
DSC00699
DSC00702
DSC00704
DSC00710
DSC00720
DSC00721
DSC00725

帰りは歩いておりました。
DSC00726
宇治川の茶店
850年続いているそうです。
DSC00727
抹茶のソフトクリーム
DSC00732

DSC00728
台風の影響で増水しています。
DSC00736
DSC00734

JRの宇治駅から帰りました。

2012/06/23 西国1番 青岸渡寺

西国西国三十三所巡礼を2回終えましたが、なんとなく、今後も続けていこうかなと思いました。
ちょうど、先達会というのがあるそうで、専用の納経帳があるとのことなので入会しました。

満願した納経帳を札所で確認してもらうと申込用紙をもらえて、会費とともに申し込むとこれが全札所に開示され、異議がなければ入会が認められます。四国よりはかなりハードルが低いです。わたしの場合は総持寺で申し込んできました。総持寺は札所会の事務局をやっているため、送金の手間が不要となり手続きが簡単になります。

1ヶ月くらいして、先達セットが送られてきました。
頭陀袋と軸装の納経帳、輪袈裟、それから名札です。

軸装納経帳は5回分の日付欄があって、5周まで使えるようになっています。

DSC00743

この納経帳で2回まわると中先達、さらに3回まわると大先達とランクアップしていきます。
大先達以降は納経帳がかわるようです。
頭陀袋は好みで良いらしいですが、輪袈裟と名札は先達としてお参りするときに必ず身につけるようにとのことでした。

ということで、3周目からは先達としてまわることにします。(本当は新しい人を導くのが先達の役目ですが、日常で宣伝して回ったりしているので、一応役目を果たしているということで...)

最初の札所はやはり1番札所青岸渡寺です。
昨年の台風で周辺が被害を受けたりしましたが、いまは問題なく行けるようです。

いつも十津川のR168から行っているので、今回はR169の上北山・下北山の方から行きました。

途中の、道の駅 杉の湯 川上
CIMG2379

道の駅 吉野路上北山
CIMG2381
CIMG2382

道の駅 おくとろ
CIMG2383

ここから山を抜けて熊野に出て、海岸沿いを那智まで進みました。
もうお昼に近いので、先にお昼にしました。
那智勝浦の駅前のまぐろ料理屋さん
CIMG2385
まぐろ定食
CIMG2389
サービスでまぐろの唐揚げをいただきました。
CIMG2391

那智山に登る道の至る所に昨年の災害の後が見られました。
CIMG2393
プライバシーの関係から被災した民家は撮らないでほしいとのことなので、撮影は控えます。
建物の基礎しか残っていないところが何箇所かありました。
CIMG2394

今回は趣向を変えて、少し下の駐車場から大門坂という熊野古道を通って登ることにします。

DSC00572
DSC00573
DSC00574
関所跡の流し台など
DSC00576
DSC00578
DSC00579
DSC00580
茶店を過ぎると本格的な林の中の道になります。

夫婦杉
樹齢800年だそうです。
DSC00581
DSC00582
DSC00583
DSC00584

他富貴王子跡
九十九王子の最後の王子だそうです。
DSC00586

DSC00587
両側に杉や楠の巨木が続きます。
DSC00590
DSC00591

十一文関跡
ここで通行税をとったそうです。
DSC00592

DSC00594

道路を横切るのかなと思ったら、終わりでした。
意外と短かった。
DSC00595

DSC00597
DSC00599

参道のすぐ横に出ました。
DSC00601

DSC00602
DSC00603

熊野那智大社
DSC00605

そして、青岸渡寺
DSC00607
納経を済ませました。
今回は、実際に写経したのを持参して納めています。

DSC00609
DSC00612
DSC00614

DSC00615

DSC00616
DSC00617
同じ道を下ります。
DSC00618
DSC00619

山道で汗をかいたので、那智駅前の道の駅 なち にある温泉に入りました。
CIMG2395

帰りは新宮からR168
このへんも被害があります。

CIMG2396

道の駅 瀞峡街道 熊野川は台風で壊滅して、いまは更地になっています。
DSC00620
駐車場だけそのままです。
DSC00622
仮設のお店が出ていました。

道の駅 奥熊野古道ほんぐう
CIMG2399
CIMG2398

2012/06/17 平安神宮の菖蒲と睡蓮

平安神宮で菖蒲の花が見ごろというニューズを見たので行ってきました。
見頃というのは先週だったので、まだ大丈夫かなという心配もあったのですが、大丈夫だったようです。

平安神宮
DSC00418
DSC00419
DSC00421

DSC00423
神苑に入ります。
DSC00424

桜の季節は大混雑でしたが、今は比較的すいています。
DSC00426

DSC00428
DSC00429
DSC00430

なでしこ
DSC00436
DSC00438
DSC00439
DSC00442
DSC00449
DSC00453

池のところに出ると、一面に睡蓮と菖蒲が見えてきました。
DSC00455
DSC00457
DSC00461
DSC00463
DSC00465
DSC00467
DSC00468
DSC00471
DSC00473
DSC00478
DSC00483
DSC00487
DSC00492
DSC00496

東側に移動します。
DSC00497

DSC00498
DSC00499
DSC00500
DSC00501
DSC00503
DSC00505
DSC00506
DSC00508
DSC00509
DSC00514
DSC00516
DSC00519
DSC00520
DSC00523
DSC00527
DSC00531
DSC00534
DSC00537

DSC00538
DSC00543
DSC00547

DSC00556
DSC00557
DSC00559
DSC00560
DSC00567