2013/05/02 四国お遍路2周目(2) 20番ー28番

宿坊での朝です。朝のお勤めがあるのかと思いましたが、前日の夕方にやったので朝はないようです。
P1010251
ご飯が終わったら荷物を車に積みこんで、前日できなかったお参りをします。
宿坊でのお勤めで本堂のお参りはできていますが、大師堂がまだでした。
DSC00612
DSC00614
DSC00615

朝一番から山道を登って鶴林寺です。
20番鶴林寺
DSC00617
DSC00618
DSC00619
DSC00620
駐車場からそこそこ歩くのですが、本堂まで行ってから写経を持ってくるのを忘れたのに気がついて取りに戻ったりして時間のロスがありました。
本尊は地蔵菩薩
DSC00621
DSC00622
名前のとおり、鶴の像
DSC00623
DSC00624
大師堂
DSC00625

鶴林寺を終えて山を降りますが、再び次の山に行く必要があります。ただし、ここはロープウェイが使えます。
ロープウェイ駅は道の駅 鷲の里になっています。
DSC00626
DSC00627
DSC00629
DSC00630
DSC00631
DSC00632
過去にこのへんに住んでいた、狼の像
DSC00634

弘法大師が虚空蔵求聞持法習得のための修行をここで行ったという伝説があるため、弘法大師の像が設けられています。
DSC00636
21番大龍寺
DSC00638
本尊は虚空蔵菩薩
弘法大師が求聞持法の修行を行った関係かな?
DSC00639
DSC00640
大師堂
DSC00642
DSC00643
DSC00644
DSC00645
DSC00647
DSC00648

22番平等寺
DSC00652
DSC00653
DSC00654
本尊は薬師如来
DSC00656

23番薬王寺
DSC00657
門は新品ですね。
DSC00658
DSC00659
本尊は薬師如来
DSC00660
大師堂
DSC00661
DSC00662
DSC00663

この後、ずっと海岸線を南下しますが、札所はありません。
室戸岬のちょっと手前に巨大な像があります。
青年大師像
DSC00665
そして、近くに洞窟があります。
御厨人窟
弘法大師が修行を行い悟りを開いたところといわれています
DSC00667
2つある洞窟の片方は崩壊の危険があるのか立入禁止でした。
DSC00668
DSC00674
DSC00673
洞窟の中からは空と海だけが見え、これが空海の名前の元になったということです。
DSC00670

室戸岬を回って登ったところが次の札所です。
DSC00675
DSC00676
24番最御崎寺
DSC00677
ここでも写経を忘れて坂を往復しなおしました。
DSC00678
DSC00679
本尊は虚空蔵菩薩
DSC00680
DSC00681

25番津照寺
DSC00682
DSC00683
本尊は地蔵菩薩
DSC00684

ここでお昼
P1010253
前回も来た、津照寺門前のお味です。
ちょっと遅目の時間だったためか、かつおたたき定食を頼んだらたたきを切らしているので買ってくるといわれ、ちょっとだけ待ちました。
P1010255

26番金剛頂寺
DSC00685
DSC00686
DSC00687
本尊は薬師如来
DSC00688
DSC00689
DSC00690

27番神峰寺
この前の札所とともに、結構狭くて急勾配の山道を登ったところにあります。
DSC00692
DSC00693
DSC00694
DSC00696
本尊は十一面観音菩薩
DSC00697
経堂
写経を納めているということですが、わたしが納めたものも入るのでしょうか。奉納料を別途おさめたものだけかな?
DSC00698
大師堂
DSC00699
DSC00701
「徳さんのお遍路さん」いま放送していますね。
DSC00702
DSC00704
DSC00705

28番大日寺
入り口に、こんな車幅制限の石が置いてあり、結構緊張させます。
DSC00715
DSC00707
DSC00708
本尊は大日如来
DSC00709
大師堂
DSC00710
たけのこちゃんという名前だそうです。
DSC00711

すぐのところに奥の院があるのでそちらにも寄りました。
DSC00713
薬師如来を彫った楠の立木が倒れたものが安置されているそうです。
DSC00712
この日のお参りはこれで終わりです。
ここから数百mのところにある宿をとってあります。
近すぎて、一旦行き過ぎました。
小さなお宿 遊庵

P1010257
P1010258
P1010260
わたしの他には70代後半の夫婦が泊まっていました。電車と歩きを併用して回っているそうです。