2012/12/23 湯の峰温泉

熊野本宮の近くにかわった温泉があるので行ってきました。
かわった温泉といっても、日本最古の湯に数えられるそうです。
R168で十津川を抜けて、本宮からひと山越えて湯の峰温泉に到着。
DSC04001
DSC04002
DSC04003

河原に湯筒があり、卵とかを茹でることができるようになっています。
DSC04004
ここの名物はつぼ湯というやつです。貸切制になっており、順番待ちになります。
公衆浴場で入湯券を購入して順番札をもらいました。
P1000510
つぼ湯はこんな小さな小屋にあります。
1時間以上待ち時間があるとのこと。
DSC04006

DSC04005
DSC04010
待ち時間を利用して、こちらも湯筒を利用します。
周辺の売店で食材を売っていますが、自分で用意して持って来ました。
卵とさつまいも
DSC04012
引っ掛けるところがあるので、落ちないように固定します。
DSC04015
DSC04019
DSC04034
DSC04020

できるまで、周辺散策
DSC04007
DSC04009
すぐ脇にある東光寺
本尊は自然に積もった湯の花が薬師如来の形になったものらしいです。
DSC04024

ここには小栗判官伝説というのがあります。
室町時代に毒殺されそうになった小栗判官は、なんとか現世に戻ることができたのですが、餓鬼の姿になってしまったそうで、苦労して藤沢から熊野の湯の峰温泉までたどり着いてつぼ湯で療養したところ、蘇生できたそうです。あちこちに「小栗判官蘇生の地」というのぼりが立っていました。
DSC04036

温泉の持ち帰りもできます。
DSC04027

DSC04038
DSC04039

食材を引き上げました。
DSC04033
DSC04041
卵はかたゆでに仕上がっていましたが、さつまいもはまだ半生でした。
これは、別々にネットを用意して、漬ける時間を変えたほうがいいですね。
DSC04044

ようやく順番が来ました。
DSC04022
貸切なので中の写真が取れます。
P1000512
P1000516
小屋の壁の下側は引き上げられるようになっています。ここは河原なので川が増水した時に流されないようにするためみたいですね。
P1000514
P1000517
小さく見える湯壷ですが、家庭用の浴槽よりは大きく、一人なら十分な広さです。
源泉は92℃なので放っておくと熱すぎになります。その時は水でうめるようになっています。
前に入っていた人がいるので熱めの適温でした。
P1000521

ここは、熊野参拝の前に体を清める潔斎の場でもあったようです。

温泉を出て、ちょっと戻って熊野本宮へ。
熊野本宮館は台風被害の復旧工事をしていました。
DSC04046
DSC04048

DSC04050
大斎原
DSC04052
DSC04057
もう初詣体制になっていました。
DSC04056
DSC04076
DSC04060
かつてはここに本宮大社がありましたが、120年前の水害で流されてしまって現在の高台に移動しました。昨年の水害でも、ここは同様に水没したそうです。
DSC04062
DSC04063
DSC04065
DSC04068
DSC04073

こちらは現在の本宮
DSC04078
DSC04080
DSC04081
昨年まで本殿の葺き替えをやっていましたが、今は門の作業をやっているようです。
DSC04082
DSC04088
DSC04089

帰りは龍神側からにしました。
高野龍神スカイラインはチェーン規制となっていました。
念のためかと思っていたら、上の方はこんなことになっていました。
DSC04090
ごまさんスカイタワー
DSC04093
DSC04095
DSC04097
新品のスタッドレスを履いているので平気でした。