2014/10/18 駒ヶ根ロープウェイ

駒ヶ根ロープウェイに行ってきました。この前の信州ドライブの帰りに駒ヶ根に寄った時、ロープウェイに向かう車が多く気になっていたためです。

紅葉の季節には大混雑するとのことで、調べてみると、前の週まではかなり混雑していたようですが、この週は大丈夫そうです。それでも早めに着くように出かけました。

DSC01207
DSC01208

7時ごろに到着、駐車場はまだ空きがありました。
P1000779
P1000780
天気は晴れ
P1000781

ロープウェイ駅まではバスで行かないといけません。
P1000782
ロープウェイ駅着
P1000783
P1000784
P1000785

ロープウェイに乗る人達は本格的な装備の人ばかりで、そのなかで軽装なわたしはちょっと場違いな感じでした。
P1000787

P1000789
P1000791
P1000793

上に到着
P1000794

駒ヶ根の街は雲海に包まれていました。
P1000795
P1000798
富士山
P1000799

P1000801
P1000802

P1000803
P1000804

千畳敷カール
P1000807
氷河によってまるくえぐられた地形で、千畳もの広さがあるためそう呼ばれています。

P1000810
P1000812
P1000813
P1000814
P1000815
P1000817

雪が積もっているところがありました。
残雪というより、前日に降ったものみたいです。
P1000819

P1000820
ナナカマドの実
ちょっと前まで紅葉が楽しめたようです。
P1000822

P1000823

P1000826
P1000827

みんな壁のような登山道を登っていきます。
P1000829

P1000833
P1000836

登山道との分岐に到着
ここから先ほどの壁を登って宝剣岳を経て木曽駒ヶ岳まで登るようです。往復約4時間。
P1000837
意外と手軽に登れるようですが、今回は準備不足ということで控えました。
ほとんどの人が登っていきます。
P1000838

P1000840
P1000841

P1000845

P1000848
チングルマの綿毛
P1000853
すごい霜柱
P1000857
P1000858

P1000861
P1000864
P1000870

P1000878

一周完了して駅に到着
思ったより狭かった。
P1000886
駅にはホテルが併設されています。
P1000888

だんだん軽装の人が増えてきました。
朝早くは普通の人ではなく、登山目的の人たちだったようです。
P1000889
P1000890
P1000891

P1000892
P1000893
P1000895
下りは人が少なかったので中を自由に移動して撮影ができました。
P1000896
P1000899
P1000902
P1000905
P1000907
P1000912
P1000915

下の駅についたら、上りを待つ人がいっぱいいました。
これからが本番らしいです。

駅からちょっと歩いたところにある滝が一番見応えがあるというので行ってきました。
P1000922
ほとんど歩く人なし。
P1000924
P1000926
道がなくなったと思ったら、
P1000928
まだありました。
P1000929
でも、階段の先は岩場しかありません。
P1000930
P1000932
でも、すぐのところに滝がありました。
日暮の滝
P1000934
P1000936
P1000940
P1000941
P1000944

駅に戻ってきました。
P1000945
P1000946
P1000947
バスに乗って駐車場へ。
途中、猿がいましたが、バスが動いているので影だけ。
P1000948
到着
P1000949
P1000950

お昼前になったので、またまた駒ヶ根ソースカツ丼を食べました。
DSC01209
DSC01212

ロープウェイの半券提示で割引のある温泉があるようなので寄りました。
DSC01213
露天こぶしの湯
DSC01214
お昼前で空いているうえによく晴れていたので気持ちよかったです。
DSC01215

帰途につきました。
時間がありそうなので下道

道の駅 花の里いいじま
DSC01217
道の駅 信州平谷
DSC01219
DSC01220
道の駅 どんぐりの里いなぶ
DSC01221
名古屋市内のR23
DSC01223

DSC01231

名阪国道に乗って、伊賀上野から木津をまわって帰ってきました。
いつか木曽駒ヶ岳を目指したいですね。

2014/09/29 信州方面3日目

DSC00840

宿を出発、この日は帰るだけですが、ちょっと寄り道で八ヶ岳を一周しました。
DSC00842
高原の気持ちのよい道
DSC00844
DSC00845
DSC00847
DSC00849

途中のレストハウスから展望が楽しめました。
浅間山など。昨日は北からでしたが、今回は南からです。
DSC04583
DSC04585
何だったか不明
DSC04589
頭だけですが、富士山
DSC04592

ちょっと進んで、八ヶ岳が見えるところがありました。
DSC04594
松原湖
DSC04596
DSC04597
DSC04598
DSC04599
R141に出ました。
DSC00850
このへんが清里
DSC00852
DSC00854

道の駅 南きよさと
DSC00855
DSC00856
いろんな施設があるみたいです。
DSC00857
DSC00858

道の駅 にらさき
DSC00859
休館日
DSC00860
反対側の駐車場ではサイン会をやっていました。
DSC00861

道の駅 はくしゅう
サントリー関連があるのかと思いましたが、特にありませんでした。
まぁ、大山崎も醸造所以外何もないですしね。
DSC00864
スーパーが併設されていました。

名水が湧くらしく、みんなで水汲み
DSC00866
DSC00867

やっぱりこんなのが走っていました。
DSC00868
DSC00870

道の駅 こぶちさわ
森のなかの駅です。
DSC00873
DSC00874
ここで、声をかけられて気がついてみれば、宿が一緒だったライダーでした。
これからおみやげを買うのだとか。

道の駅 信州蔦木宿
DSC00875
DSC00877

このまま諏訪を抜けてR19で帰ると時間がかかりそうなので、茅野からR152に入って、伊那経由にすることにしました。伊那谷経由だと、途中で嫌になった時に高速に乗れるし...

R152は分断国道であるだけに山道です。それなのに、教習車が走っていました。
DSC00878

途中でR152と別れて伊那へ
DSC00881

お昼には、駒ヶ根のガロに寄りました。

駒ヶ根ソースかつ丼の有名店です。
混雑していて待ち客がいっぱいいましたが、カウンターは空いていたので待たずに座れました。
DSC00885
駒ヶ根ソースかつ丼は福井のソースカツ丼と味付けは似ているようですが、キャベツが載っています。

R256経由でR19に抜けました。
道の駅 賤母

ナビに任せたら、米原経由にしていても名古屋市内にできるだけ近づこうとしている感じでした。とうとう名古屋高速第二環状線辺りまで来てしまったので、新名神に乗ることにしました。亀山JCTの一つ手前の鈴鹿から新名神に入りました。

いつもの土山SA
DSC00889

遅すぎない時間に帰着できました。

2014/09/28 信州方面2日目

朝、ロビーに向かうと、「御嶽山の噴火が見えるよ」との事だったので、見てきました。300mほど歩いたところの広場から見ることができました。
DSC04390
これらしい。
AFはできなかったのでマニュアルで合わせました。
DSC04392
噴煙の形が少しづつ変わっていますね。
DSC04395


出発。連泊予定なので、この日もここに戻ってきます。
この日のメインは草津温泉です。これまで素通りするだけでした。

ビーナスラインを北上
DSC00714
DSC00716
白樺湖から、R152大門街道へ

道の駅 マルメロの駅ながと
DSC00718
道の駅 くるみの里雷電
DSC00719

DSC00723
DSC00724

草津温泉に到着
駐車場に停めて出かけます。
DSC00725
湯畑方面へは神社を抜けるといいよと教えてくれました。
DSC00726
DSC00727
DSC00729
湯畑到着
DSC00730
DSC00731
DSC00732
DSC00734
DSC00735
こうやって、水で薄めることなくお湯を適温まで冷ますんですね。
DSC00737
DSC00739

湯もみの実演がまもなく始まるようです。
チケットを購入して入場しました。
DSC00740
DSC00741
まぁ、想像したとおりですね。
DSC00743
DSC00747
DSC00749

お客さんの体験タイム
DSC00750
DSC00753
DSC00754
DSC00758
DSC00764
DSC00769

白旗源泉
DSC00774
DSC00775

白旗の湯
草津にいくつかある無料の共同浴場のひとつです。
DSC00778
DSC00779
軽く入浴してきました。

DSC00780
DSC00782
DSC00783

DSC00785
DSC00786

湯畑を後にして、西の河原公園へ向かいました。大露天風呂が有名です。
DSC00789
DSC00790
DSC00791
DSC00794
DSC00796
DSC00798

とても広い露天風呂が源泉掛け流しです。
人が多いですが、それ以上に広いのでのんびりできました。

露天風呂から流れ出ているお湯がこの川になっているようです。
DSC00799
DSC00800
DSC00802

ちょっと戻って、道の駅チェック
温泉の駐車場がいっぱいになるのを警戒して、温泉に先に行っていました。
道の駅 草津運動茶屋公園
DSC00804
DSC00805

更に進んで、志賀草津道路を走ったら、白根火山ロープウェイの駅がありました。

ちょっと様子を見るだけのつもりでしたが、ついロープウェイに乗ってしまいました。
DSC04401
と言ってもゴンドラです。お客さんはまばらな感じ
DSC04402
DSC04404
DSC04406
DSC04408
DSC04410
DSC04415
DSC04418

このへんは紅葉が始まっていますね。
DSC04424
DSC04428
DSC04429
上に到着
下で食べておけばよかったと思いながら、ここで逃すとタイミングを失うので、お昼。
DSC00806

DSC04431
DSC04433
DSC04435

白根山のレストハウス付近へ向かう無料のシャトルバスがあるというので乗りました。現在、白根山は警戒レベルが高いため、火口から1km以内は歩行者立入禁止になっているそうで、レストハウスも閉鎖となっています。このシャトルバスは平時にはレストハウスまで行っていたそうですが、いまは1kmギリギリまで行って戻ってくるそうです。

シャトルバスが来ました。
DSC04437
運転手の人は案内がユニークということで有名になった人らしいです。
DSC04438
DSC04441
DSC04443
DSC04445
このへんが、ギリギリのラインみたいです。
DSC04459
DSC04463

ダケカンバも色づいています。
DSC04465
DSC04467
DSC04468

バスから降りて散策
DSC04471
DSC04473
DSC04475
DSC04477

コマクサリフトに乗ります。
DSC04480
DSC04481
DSC04482
DSC04483

ここがお手軽に行ける一番上らしいです。
DSC04484
白根山の火口がちょっと覗けますね。
DSC04487
DSC04491
DSC04488
DSC04489

さらに遊歩道があるようです。このまま戻るのはもったいないので行ってみました。
DSC04493
DSC04494
DSC04496
DSC04498
DSC04499

DSC04500
なんか特徴的な地形のところに出ました。
本白根山という、旧火口らしいです。
DSC04502
ちょっと迷いましたが、行ってみることにしました。
DSC04501
DSC04504
DSC04506
DSC04507
この岩の上が本白根山展望所らしいです。ここを目指します。
DSC04508
DSC04510
DSC04511
DSC04512
展望所に到着
DSC04516
DSC04515
DSC04517
こちらに見えるのは、浅間山
DSC04520
榛名山
DSC04522
赤城山…らしいけどどれか不明
DSC04524
DSC04525
お手軽に登山気分が味わえていいですね。
DSC04526
遊歩道はこの先万座まで伸びているようですが、きりがないのでここまでで戻ります。

DSC04530

リフト乗り場まで戻ってきました。
DSC04531
リフトからも火口が見えますね。
DSC04533
DSC04537

なんか発見
DSC04539
カモシカです。
リフトのすぐ下で、足が届きそうですが、気にしないようです。
DSC04542
DSC04545
DSC04549

DSC04550
DSC04551
ゴンドラでおります。
DSC04552

DSC04554
DSC04561
DSC04567

全然予定していなかったところがメインの日になってしまいました。あいかわらずいきあたりばったりです。

車に戻って進みました。
このへんは、火山ガスのため駐停車禁止です。
DSC00809
DSC00815
DSC00817
DSC00822
DSC00825
DSC00826
このへんがレストハウスですが、閉鎖されています。
DSC00831
DSC00834

そして、渋峠に到着

DSC00835
これから先に行くと帰りが遅くなるのでここまでにしました。

渋峠から少し下ったところにある駐車帯から、白根山の火口がよく見えました。
DSC04568
DSC04571
DSC04576
DSC04578

帰りは来た時とほぼ同じルートを使いました。
ナビは万座ハイウェイを通れと指示してきましたが、万座ハイウェイは途中が災害で通行止めになっています。VICSに情報がないのは私道にあたるからでしょうか。

途中で見た浅間山
DSC04580

例によって宿は基本食事なしなので、途中で食べることにしました。
R18沿いでみつけたおそば屋さん。手打ちらしい。
信州で無難な食事というと、そばになってしまいますね。そうじゃなくても最近そばばかり食べてますが...
DSC00837
海老おろしそば
卵が入っているのが珍しい。
DSC00838

帰りはまたビーナスラインです。
真っ暗になっており、対向車もほとんどいません。そうなると動き出すのが野生動物で、きつねさんと追いかけっこしたり、井戸端会議をしているしかさんに道を開けてもらったりしました。

ドラレコの記録から編集してみました。