四国遍路1周目 – 旅の栞

2011年四国お遍路目次

1番-18番
19番-27番
28番-37番
38番-47番
48番-64番
65番-79番
80番-88番
おまけ
高野山奥の院
補足情報

2011年 四国お遍路 補足情報

今年、はじめて四国お遍路に行ってきました。このへんの補足情報をここに記しておきます。

1.装備
フル装備できている人も結構いましたが、わたしは控えめにしていました。
山谷袋
経典(四国用の必要な経典がまとまっている物)
納経帳
納め札
数珠

白衣、金剛杖、笠は用意しませんでした。
車でも、白衣をきている人は結構多かったです。

2.お参りのスタイル
ちょっと簡易的にやりました。
本堂に納め札をおさめ、お賽銭をあげて読経。(読経も、般若心経、真言、高祖宝号、回向文に絞っています)
大師堂では、納め札とお賽銭を省略して読経をしました。
ろうそくと線香はお供えしていません。(最初、まぁいいやで省略してしまい、後からみんなが殆どやっているのに気が付きましたが、そのままにしました)
必ずお参りを済ませてから納経所へ行くことにしていました。このため、お参りをしている間に団体さんに先をこされ、納経を待たされたことが結構ありましたがこれは仕方ないことと諦めました。

3.車で廻る際のポイント
最近はナビの案内で廻ることが多いですが、近くまで来たら、案内看板を優先したほうが良さそうです。案内看板は、走りやすい道を考慮していたり、駐車場へのアプローチを考慮していたりします。
離合の難しい山道を走ることが多いですが、この際のポイントは、できるだけ遠くで対向車を見つけて、一番有利なところで待つことです。このためには、走りながら、カーブミラーに必ず眼をやることです。注視する必要はありません。チラッと見るだけで、動くものは認知できます。一方、対向車の多くは山道に慣れていないので、このへんを心得ておらず、ぎりぎりまでこちらを認識できず、気がついてもそのまま突っ込んできます。このためにも、できるだけ手前の有利なところに退避することが重要です。

P1140389

以前から、四国を走っているとあちこちでお遍路さんを見かけましたが、今回の経験で、この人達がいまどこへ向かっているのかわかるようになりました。
歩き遍路の人を見かけると応援したくなりますね。

P1140390

2011/05/15 四国お遍路 おまけ

お遍路が終わった後、ついでの道の駅めぐりです。

道の駅 土佐和紙工芸村
CIMG4888

ここは前夜に温泉に入ったときにスタンプが押せたので、早めに次に向かいました。

CIMG4889
CIMG4890
CIMG4891
CIMG4892
CIMG4894

道の駅 633美の里。むささびと読むそうです。
CIMG4898

道の駅 木の香
CIMG4899
資料で営業時間が11時からとなっていたので心配しましたが、これは温泉施設の営業時間で、売店は9時からやっているようです。
CIMG4900
CIMG4901

とちゅう、棚田の看板がありました。
CIMG4902
これかな?
CIMG4903
CIMG4904

酷道として有名なR439を走りますが、このへんは大丈夫らしいです。
CIMG4906

道の駅 さめうら
CIMG4908
四国の水瓶としてよくニュースに出てくる早明浦ダムです。
CIMG4909
CIMG4912
CIMG4913
CIMG4914
CIMG4915
CIMG4918

道の駅 大杉
CIMG4921

このそばに、杉の巨木があるのが名前の由来らしいです。
CIMG4922
神社もあります。
CIMG4923
2本の杉が融合しています。
CIMG4924
CIMG4927
CIMG4928

R32を北上して大歩危をかすめて東に入ると、祖谷です。

道の駅 にしいや
CIMG4932

かずら橋そばの、駐車場を兼ねた物産店
CIMG4933
CIMG4934
CIMG4935
CIMG4936

かずら橋
CIMG4944
CIMG4945
CIMG4946
手すりにつかまって動けない人と、平気ですたすた歩く人と両極端でした。
CIMG4948
CIMG4938
CIMG4941
CIMG4952
CIMG4953
琵琶の滝
CIMG4955
CIMG4957
CIMG4958

ここで、祖谷そばのお店に入りました。
CIMG4959
CIMG4961

道の駅 大歩危
CIMG4969
このへんは、子泣きじじいのふるさとなんだそうです。
CIMG4970

CIMG4963
CIMG4964
CIMG4965
CIMG4971

途中から、R319に入り、西へ。
ちょっと酷道でした。
CIMG4973
CIMG4975

道の駅 霧の森
ここも最近できたようです。
CIMG4976
CIMG4977
CIMG4979

ここから徳島道に入り、井川池田ICでおります。
道の駅 三野
CIMG4980
CIMG4981
CIMG4982
CIMG4983

道の駅 たからだの里さいた
ここで、四国の道の駅制覇が完了しました。
CIMG4984

帰る前に、うどんを食べることにします。
何回か行った釜揚げうどんの長田関連の新店です。
長田in香の香
CIMG4985
CIMG4988

帰りは、淡路島側は混むかもしれないので、瀬戸大橋から行くことにしました。
モニターを見ずに適当撮影です。
CIMG4993
CIMG5002
CIMG4995
CIMG5003

龍野西SA
CIMG5006

せっかく渋滞回避を狙ったのに、三木から宝塚までずっと事故渋滞とのこと。
ナビに渋滞回避を任せたら、三木から神戸淡路道路で南下して、そこから阪神7号北神戸線に入って西宮山口まで行くという、すごい大回りをさせられました。
神戸淡路道路に入ったので1000円追加の上、阪神の料金もかかりました。

あとは特に問題なく無事帰着しました。

2011/05/14 四国お遍路7日目(80番-88番)

GW中にお遍路が終わらなかったので、もう一度行って終わらせてきました。

明石大橋経由で渡ります。
CIMG4770

室津PA
CIMG4771

前回目の前で門が閉まった国分寺から再開です。
80番札所 国分寺
CIMG4772
連休じゃないので人はかなり少ないです。
CIMG4773
CIMG4774
CIMG4775

つぎの札所は五色台という山の上にあります。
CIMG4776
CIMG4779
CIMG4780

81番札所 白峯寺
CIMG4789
CIMG4790
CIMG4791
CIMG4792

つぎは、山の反対側です。
82番札所 根香寺
CIMG4793
CIMG4794
ここの本堂は、一旦横の通路に入って回り込みます。
CIMG4795
CIMG4797

途中、見覚えのあるうどんやさんがあったので入りました。
宮武うどん店
CIMG4798
開店して間もない時間だったので、待たずにすみました。
CIMG4800

83番札所 一宮寺
CIMG4802

きょうのにゃんこ
CIMG4803

ピンボケだ
CIMG4804

そのつぎは、観光地として有名な、屋島にあります。
有料道路を上ります。
CIMG4805
CIMG4806
CIMG4807
CIMG4809
CIMG4810
CIMG4811
CIMG4812

きょうのにゃんこその2
CIMG4814
CIMG4815

84番札所 屋島寺
CIMG4816
CIMG4817
CIMG4819
なぜか、稲成神社にたぬき...
屋島の禿狸という、日本一変身のうまい狸だそうです。
CIMG4820

CIMG4822
ジャンボフェリーのようです。
CIMG4821
CIMG4824
CIMG4826

次のお寺は、ケーブルカーで上ります。
八栗寺ケーブルカー乗り場
CIMG4828
CIMG4830
CIMG4831
CIMG4832

85番札所 八栗寺
CIMG4833
CIMG4834
CIMG4835
CIMG4836
CIMG4837

次の志度寺のすぐそばに、平賀源内のお墓のあるお寺がありました。
CIMG4838
CIMG4839
CIMG4845

86番札所 志度寺
CIMG4840
CIMG4841
境内のあちこちが工事中でした。
CIMG4842
CIMG4843
CIMG4844

87番札所 長尾寺
CIMG4847
CIMG4846

そして、最後の札所です。
88番札所 大窪寺
CIMG4848
CIMG4849
CIMG4850
ここで巡礼が終わった人は、金剛杖を納めるので、いっぱいおいてあります。
CIMG4851
CIMG4852
納経所の前にも金剛杖
CIMG4853
順番が逆になりましたが、山門
CIMG4856
CIMG4855
CIMG4857

ここでわたしも結願となりました。
西国では回り終わった段階で満願といいますが、四国では、回り終わると結願といい、高野山参りが終わると満願というそうです。

お寺に、もっと結願を盛り上げる演出がされているのかと思いましたが、それほどではありませんでした。

これでお遍路は終わりなのですが、四国道の駅スタンプラリーが残っているのでそのまま四国に残ります。

ちょっと南へ進んで、道の駅 どなり。
道の駅 どなり
CIMG4858

徳島道で徳島市付近まで行って、ちょっと南下すると、道の駅 ひなの里かつうらです。
お遍路初日に来ていますが、営業時間外だったのでスタンプが押せていません。

道の駅 ひなの里かつうら
CIMG4861
ここで夕食を買っておきました。
カンパチの酢じめってめずらしい。
CIMG4859

再び徳島道に戻って、高知方面へ向かいます。

上坂SA
CIMG4862

吉野川ハイウェイオアシス
CIMG4865
スマートIC
CIMG4863

ここは公園が併設されています。
CIMG4864
美濃田の渕
CIMG4867
CIMG4868

CIMG4869
CIMG4870
CIMG4874
バンガロー村も
CIMG4875
CIMG4876

高知道伊野ICで降りて、道の駅 土佐和紙工芸村でお風呂に入って、そこで車中泊しました。

2011/05/04 四国お遍路6日目(65番-79番)

6日目になります。この日で一旦帰ることになります。
どう考えても、この日で全部終わるのは無理です。最初からそのつもりでいたので問題ないのですが、予想以上のペースで進めた気がします。

道の駅 とよはまです。車がいっぱいです。
CIMG4598

前日の雨は止んでいます。朝日はもやのなかですが、上方には雲がないようなのでいい天気になりそうです。
CIMG4599

前日まで札所で何回か姿を見たなにわナンバーの男性が、同じ道の駅で泊まったようです。そろそろ行こうかと思って車の暖気を開始したところであちらは出発しました。行き先は同じようです。こちらの暖気も終わって出発しました。

今回も山道を登るルートです。
CIMG4600
CIMG4601
途中、ナビが示す方とは違う方向に案内看板がありました。そっちへ行ってみたところ、ナビの道の半分くらいの距離で着くことができました。

65番札所 三角寺
CIMG4602
CIMG4603
CIMG4604
CIMG4605
CIMG4606
本来の納経受付よりも30分前に納経所が開いたので、早めに次に向かうことができました。
つぎへの道は、ついナビに従ってしまったのですが、一旦下界まで降りるようだったので、来た道をもどったほうが良かったです。ナビの道はやはり遠かった上、道幅も楽ではありませんでした。途中、わたしより先に出たはずのなにわナンバー氏とスレ違いました。あちらはナビに従ってきたようですね。

いったんR11に戻って少し進んだ後、再び山に向かいます。狭いところは自主的一方通行になっていました。
つぎの札所は再びロープウェイを使います。

雲辺寺山ロープウェイ山麓駅
CIMG4607
始発が7:20に出ていて、つぎの7:40の便に乗れるようです。
CIMG4608
CIMG4609
CIMG4610

視界がよければ、瀬戸内海の島々が見えるそうです。
CIMG4611

山頂駅に到着して駅をでると、香川県と徳島県の県境があります。
ロープウェイ登り口は香川県ですが、寺の大部分は徳島県らしいです。でも、香川県から登るのが一般的なので、香川県の札所に分類されるようです。
CIMG4615

66番札所 雲辺寺
CIMG4616
CIMG4617
CIMG4618
CIMG4619
CIMG4620
CIMG4621

毘沙門天展望館
CIMG4622

雲海ですが、うまく写っていませんね。
CIMG4626
CIMG4627
お参りを終えて、下りの便に乗ります。
CIMG4638
ロープウェイ駅までの道は、こんな感じのみかん畑の中です。
CIMG4639

67番札所 大興寺
CIMG4640
CIMG4641

このつぎの札所は特殊で、68番と69番が同じ敷地に同居しています。

仁王門にも、68番、69番と書いてあります。
CIMG4642
CIMG4643

こちらが68番神恵院の本堂と大師堂
CIMG4646
振り向くと、69番観音寺の本堂と大師堂があります。
CIMG4647

68番札所神恵院の本堂は、こんなコンクリート造りの中にあります。
CIMG4648
CIMG4649

納経所も共通で、2つまとめて御朱印をいただけます。

すぐそばに、道の駅 ことひきがあるので、スタンプを押してきました。
世界のコイン館というのが、道の駅になっています。
その由来は、このそばに寛永通宝の巨大な砂絵があることからきているようです。

CIMG4650

70番札所 本山寺
CIMG4651
CIMG4657
きょうのにゃんこ
CIMG4652
CIMG4654
CIMG4656
CIMG4658
CIMG4659
CIMG4660

お昼には讃岐うどんを食べたいですが、お店を狙うと時間のロスが大きいなーと思っていたら、見覚えのある店がありました。
早速入っちゃいました。

手打ちうどん 渡辺
CIMG4662
てんぷらうどん
CIMG4663

71番弥谷寺のすぐ前に、道の駅がありました。
道の駅 ふれあいパークみの
CIMG4664

71番弥谷寺へは有料道路があります。ゲートは、駐車場みたいな感じでした。
CIMG4665
階段がいっぱいで、ふうふう言っている人がいっぱいいました。
CIMG4666
CIMG4667
71番札所 弥谷寺
CIMG4668
大師堂は室内です。
CIMG4671
弘法大師が幼い頃修行をしたと言われる岩屋
CIMG4669

72番札所 曼荼羅寺
CIMG4672
CIMG4673
CIMG4674

73番札所 出釈迦寺
CIMG4676
CIMG4677

ここの駐車場は、知っておいたほうが良いことがあります。
この写真の駐車場ですが、右側と左側が縁石で区切られており、右側は市営で無料ですが、左側は民営で有料です。民営側に停めると、集金に来ます。
CIMG4675
CIMG4683
CIMG4680
CIMG4681
CIMG4682

74番札所 甲山寺
CIMG4684
CIMG4685

75番札所 善通寺
ここは一般の観光地になっており、人がいっぱいです。
弘法大師生誕の地です。
CIMG4686
CIMG4687
CIMG4688
CIMG4689
CIMG4690
CIMG4691
CIMG4692

76番札所 金倉寺
CIMG4694
CIMG4693
大黒天に金箔を貼るんだそうです。
CIMG4695
CIMG4696

77番札所 道隆寺
CIMG4697
なんか音楽があるなと思ったら、ライブをやっていました。
CIMG4699
CIMG4700
CIMG4701

途中通った讃岐うどんの有名店にはすごい列が出来ていました。
CIMG4702

78番札所 郷照寺
CIMG4703
本堂のひさしの天井が立派な細工になっていました。
CIMG4704
CIMG4705
CIMG4706

ここで、フェリー会社に電話を入れました。帰りは明石大橋の渋滞を回避するために高松-神戸のフェリーを予約してあったのですが、遠くで終了することも考慮して、深夜0:55の便にしてありました。高松で終わることが確定しているので、もっと早くても十分行けます。このため、20:15の便に変更しました。変更は無理かなと思ったのですがあっさりと変更できました。

このへんに、スタンプを押していない道の駅があるので、そちらを優先することにしました。どうせ今回では終わらないし、残りの数ならあと1回の遠征で終われそうだからです。
まずは、道の駅 うたづ臨海公園へ。

ちょっと迷ったあげく着きましたが、駐車場が全然空いていません。1日公園で過ごすために駐車している車が多いためです。こんな所を道の駅にしては、本来の休憩機能が台無しになってしまうので認めるべきではないと思うのですけどね...
なんとか停めるところを見つけて歩いてスタンプを探します。施設がいろんなところに分散して見つけるのが大変です。なんとか見当をつけたところがあたりでした。
CIMG4709
CIMG4710
復元した塩田
CIMG4711
ここにスタンプがあった
CIMG4712

次は道の駅 瀬戸大橋記念公園
CIMG4713
ここも駐車場の空きが少なかったです。
CIMG4714
この施設が記念館
CIMG4715
中には橋建設のいろんな解説がありました。
CIMG4716
CIMG4723
CIMG4724
屋上には展望台がありました。
CIMG4717
CIMG4719

与島PA方面
CIMG4720
CIMG4721
橋の下側を電車が走ります。
CIMG4722

お遍路に戻って79番札所 天皇寺
と思ったら、神社です。ここは神社と一体化したままのようです。
CIMG4726
CIMG4727

次の札所国分寺に行きましたが、車を駐めるところを探すのに手間取り、門前に来たときには閉門となってしまいました。
CIMG4728
中から出てくる人がいったん開けるためその隙をねらって入ってしまう人がいましたが、こんなせこい手を使って納経して御利益が期待できるんでしょうかね。

ということで、今回の遠征は79までで終わりです。後は帰るだけです。

港付近で食事は期待できないので、途中で適当に食べておきました。
CIMG4729

港に近づくと、こんな看板が...
普通、県境にはありますが、船での移動が一般的な、四国ならではですね。
CIMG4730
ちょっと早めに着いたので、まだ車は少ないです。
CIMG4731
時間をつぶしたら、結構増えてきました。
CIMG4735
まもなく、船が入港してきました。
CIMG4745

乗船となりました。雑魚寝のフロアに自分の領域を作って4時間ほど休むと、神戸に到着です。
煙突が端っこにあるのって、空母の艦橋みたいに見えますね。
CIMG4751

神戸で降りた後は、R43-R171で帰りました。