2013年四国お遍路2周目目次

2013/05/07 四国お遍路2周目(7) 79番ー88番

善通寺宿坊の朝です。朝5時くらいに目を覚まして準備していると、合図がなりました。宿坊は大師堂につながっているのでそのままお勤めに向かえます。
ここのお勤めは大規模で、何人もでお経を読み上げるものでした。開経偈や十善戒、般若心経、真言などは宿泊者も一緒に唱えるようになっていました。そのあと住職さんから法話がありました。富士山が世界文化遺産に登録される見込みとなったことから始まり、登山はどこから登っても行き着くところは同じという話につなげ、仏教もいろんな宗派があるが目指すところは同じで、お遍路も真言宗だけではなくどんな宗派の人も受け入れるという結び方でした。他にもいろいろあった気もする。
お勤めの後は金銅錫杖の加護を頂いて弘法大師像に焼香し、戒壇めぐりをすることができました。
P1010316
朝食を終えて出発です。

79番天皇寺
DSC01209
保元の乱で讃岐に流されてこの地で亡くなった崇徳天皇を81番白峯寺に祀るまでの間このお寺で安置したため天皇寺と呼ばれるそうです。
本尊は十一面観音菩薩
DSC01210
大師堂
DSC01211
正面は白峰宮です。
DSC01212
DSC01213

80番国分寺
DSC01214
本尊は十一面千手観音菩薩
DSC01215
DSC01216

次は五色台にあります。
DSC01218
瀬戸大橋方面が見えます。
DSC01219
次の駐車場が使用不可となっており、ちょっと遠い駐車場から歩きました。
樹の枝を落としているようですね。
DSC01222
小さめの樹の枝が保存対象の巨大な樹のじゃまをするので切っているようです。
DSC01223
81番白峯寺
DSC01224
DSC01225
DSC01226
DSC01228
崇徳天皇廟
DSC01229
DSC01230
DSC01231

DSC01232
DSC01234
本尊は千手観音菩薩
DSC01235
大師堂
DSC01236
DSC01239
DSC01240
DSC01241

山の反対側に回って、82番根香寺
DSC01243
DSC01242
DSC01244
山岳信仰の関係で、役行者の像があります。
DSC01245
DSC01246
本尊は千手観音菩薩
DSC01247
DSC01249
DSC01250
大師堂
DSC01252
樹齢1600年とされた欅ですが、枯れてしまったそうです。
DSC01253

83番一宮寺
DSC01254
DSC01255
DSC01256
DSC01257
DSC01258
本尊は聖観音菩薩
DSC01259
DSC01261
大師堂
DSC01262
DSC01263

屋島ドライブウェイを登って駐車場着
DSC01264
平日なので車が少ない
DSC01265
84番屋島寺
DSC01266
DSC01267
DSC01268
DSC01269
DSC01270
DSC01271
本尊は十一面千手観音菩薩
DSC01272
DSC01274
大師堂
DSC01275
DSC01277
向かいの山に、次の札所があります。
DSC01281

次の札所八栗寺はケーブルカーで登るんですが、その手前にそこそこ有名なうどん屋さんがあります。
うどん本陣山田家
P1010319
P1010323
ここのぶっかけうどんは普通の店でいうかけうどんのことみたいですね。
P1010321

ケーブルカー駅に到着
DSC01282
これまでの2箇所のロープウェイと同じ会社がやっており、ロープウェイはJAF割引がきいたのですが、ここは使えないそうです。どうやらケーブルカーは鉄道に分類されるため、JAFの管轄外らしいです。
DSC01284
空いているので特等席が確保できます。
DSC01285
DSC01286
85番八栗寺
DSC01288
DSC01289
DSC01290
DSC01293
本尊は聖観音菩薩
DSC01294
大師堂
DSC01292
聖天堂
DSC01295
DSC01296
DSC01298
DSC01300
DSC01303
DSC01304

86番志渡寺
DSC01305
DSC01306
DSC01307
DSC01308
本尊は十一面観音菩薩
DSC01309
大師堂
DSC01310
すぐ近くに平賀源内記念館があって、寄ってみようと思っていたのですが、休館日でした。

87番長尾寺
DSC01311
本尊は聖観音菩薩
DSC01312
大師堂
DSC01313

そして、最後の門前に到着です。

DSC01315
88番大窪寺
DSC01318
DSC01319
DSC01320
本尊は薬師如来
DSC01321
DSC01322
DSC01324
大師堂
DSC01326
DSC01327
DSC01329
DSC01330
最後の納経を終えて、結願です。

微妙な時間だったのですが、真っ直ぐ帰ることにしました。
鳴門ICまで県道とR11で行き、そこから高速で一気に移動です。
平日ですが通勤割引にかかっているのであまり高くはないはずです。
淡路SA

DSC01334
DSC01336
DSC01340
DSC01341

特に渋滞もなく、無地帰宅しました。

お遍路を通して

今回は前回に続いて、同じGW期間を使って回って来ましたが、今回は前回に比べて回っている人が少なかった気がします。特に、団体巡礼が少なかったです。今年は連休の日程が使いづらかったからなのか、お遍路の人気がなくなってきたのか...

2回めで、ある程度満足の行く回り方ができたのでもういいかなとも思いましたが、来年は八十八ヶ所が始まって1,200年記念だそうでいろいろ特別なことがあるようです。また来てしまうかも。

あるお寺で白衣に御朱印を押してもらった時、前のお寺の印が上下逆さに押されていることを指摘されました。押しなおしてもらうわけにも行かないし困ったなぁと思っていたら、指摘した納経所の人が、「これはめずらしいな、いいことあるかも」と言ってくれました。気の持ちようということで、うまく言うものです。

まだ高野山の分が残っています。行ってこなきゃ...
DSC01344

2013/05/06 四国お遍路2周目(6) 65番ー78番

DSC01018
この日も晴れです。ずっと晴れですね。
早速移動しました。

65番三角寺
DSC01019
DSC01020
DSC01021
本尊は十一面観音菩薩
DSC01022
大師堂
DSC01023
DSC01024
お参りを済ませて、納経所が開くまであと30分くらいあるなと思ってふと納経所を見たら、中に人がいました。戸を開けて聞いてみたら受付してくれるそうです。
これで、早めに次に行けました。

次は2回めのロープウェイ利用です。
1便が行った後だったので、2便に乗ることになりました。
DSC01025
DSC01026
DSC01027
DSC01031
DSC01032
対向ゴンドラ
もう降りてくる人がいるんですね。
DSC01033
DSC01034
ここもまだ桜が咲いていました。
DSC01035
DSC01036
DSC01037

66番雲辺寺
88ヶ所で一番高いところにあります。
DSC01038
DSC01039
羅漢さんがいっぱい
DSC01040
DSC01041
DSC01042
DSC01043
DSC01044
本尊は千手観音菩薩
DSC01045
DSC01047
大師堂
DSC01048

DSC01049
DSC01050
DSC01051
下り便に乗って下山
DSC01053

67番大興寺
DSC01054
DSC01055
DSC01056
本尊は薬師如来
DSC01057

次の札所は特殊です。
68番神恵院&69番観音寺
DSC01058
ひとつの境内に2つの札所があります。
もともと琴弾八幡宮が68番札所だったのですが、明治の神仏分離令によって琴弾八幡宮から分離された神恵院が観音寺内に移され同居することになったようです。
DSC01059
神恵院の本堂
DSC01060
本尊は阿弥陀如来
DSC01061
大師堂
DSC01062
観音寺の本堂
本尊は聖観音菩薩
DSC01063
DSC01064
大師堂
DSC01065
納経所も共通
DSC01066

70番本山寺
DSC01067
DSC01068
本尊は馬頭観音菩薩
珍しいですね。
DSC01069
大師堂
DSC01070
DSC01071
DSC01072
前来た時猫がいたなと思って探したら、いました。
DSC01074
DSC01075
DSC01078

71番弥谷寺
DSC01079
短い有料道路を通ればある程度階段をスキップできるのですが、ケチって下から歩きました。
DSC01080
DSC01081
俳句茶屋という名の通り、いたるところに俳句が書かれています。
DSC01082
DSC01083
DSC01084
DSC01085
有料道路を通ればここからスタート
DSC01087
でも、108段の階段があります。
DSC01088
これを越えても本堂まで170段以上
DSC01089
あちこちの木から、漫画に出てくる通りの毛虫が糸でぶら下がっていました。
こんなの↓

DSC01090
DSC01091
DSC01092
磨崖仏
DSC01094
やっと本堂に到着
本尊は千手観音菩薩
DSC01095
DSC01096
大師堂への入り口
DSC01097
大師堂
DSC01098
こちらは大師堂の奥にある、弘法大師が修行をしたといわれる岩戸
DSC01100

72番曼荼羅寺
DSC01105
DSC01106
本尊は大日如来
DSC01107
大師堂がまっさらになっていました。
DSC01108
DSC01109

以前弘法大師手植えの不老松があったそうですが、枯れてしまって大師像にしたそうです。
DSC01111
DSC01110
DSC01113

73番出釈迦寺
DSC01115
DSC01116
DSC01117
本尊は釈迦如来
DSC01118
大師堂
DSC01119

ここの奥の院は捨身ヶ嶽禅定といって、若き日の弘法大師が、釈迦如来に対して自分の将来を問いかけて身を投じたところだそうです。釈迦は姿を表して弘法大師を抱きとめたそうです。お遍路中は時間がないですが、いつか改めて奥の院に行ってみたいものです。
DSC01120

DSC01121
DSC01122
DSC01123
DSC01126

74番甲山寺
DSC01127
DSC01128
DSC01130
本尊は薬師如来
DSC01131
大師堂
DSC01133
毘沙門天は岩屋の中
DSC01134

次は75番の善通寺ですが、この日は善通寺の宿坊に泊まることになっているので後にしました。

76番金倉寺
DSC01135
DSC01136
DSC01137
本尊は薬師如来
DSC01138
金ピカの大黒天
DSC01139
大師堂
DSC01140
円珍(智証大師)の生誕の地だそうです。
DSC01141

すぐそばの歩いていけるところにうどんの有名店があるのでここでお昼にしました。
長田in香の香
P1010309
P1010310
待ち行列がありましたが、回転は早かったです。
名物の釜揚げうどん
P1010312

77番道隆寺
DSC01142
DSC01143
本尊は薬師如来
DSC01144
大師堂
DSC01145
DSC01146

78番郷照寺
DSC01147
DSC01148
本尊は阿弥陀如来
DSC01149
DSC01150
大師堂
DSC01152
DSC01154

善通寺宿坊からは5時には入って欲しいと言われており、次に行ったらお参りをする時間が無くなる可能性があるのでここまでとして善通寺に向かいました。

4時前に着いてしまいました。
一般駐車場は有料ですが、宿泊者用駐車場は無料です。
時間があるのでゆっくり回れます。
DSC01155
DSC01156
弘法大師の出身地ということで大規模なお寺なのでいろんなお堂があります。
DSC01159
観智院
善通寺塔頭です。
DSC01157
DSC01158
DSC01160
弘法大師の一族の豪族の霊廟
DSC01161

DSC01164
五重塔の特別公開をやっていました。
DSC01165
2階まで登ることができ、内部に安置されている五智如来のうち、最上階の大日如来を除く4如来を見ることができました。また、内部の組木構造が観察出来ました。
2階のテラス部分から。内部は撮影禁止でしたが、ここは外なのでたぶんOK
DSC01166
DSC01167
DSC01173
釈迦堂
DSC01168
本堂
本尊は薬師如来
DSC01169
DSC01171
DSC01175
DSC01176
DSC01178
DSC01180
DSC01181
DSC01182
大師堂
DSC01183
DSC01184
聖霊院
戦没者慰霊のための忠霊堂だそうです。
DSC01185
護摩堂
DSC01186
親鸞堂
善通寺を訪れたいと思っていた親鸞上人が結局果たすことができず、遺言で自分の像を善通寺に送ったものだそうです。
DSC01188
DSC01189
DSC01190
DSC01192
パゴタ供養塔
DSC01193
聖天堂
DSC01194
一般駐車場側から来ると、ここから入ります。
DSC01198
DSC01199
DSC01200
DSC01201
DSC01203
善通寺宿坊 いろは会館
DSC01206
TVがないことを除けば、普通の和風旅館ですね。
ただし、善通寺で修業をする僧も宿泊しているようで、お風呂で一緒になりました。
DSC01208
もう翌日は平日になるので宿泊者は少なく、200人泊まれるところに4人しかいませんでした。他の宿泊者は全員歩きで、うち一人は外国人の女性でした。
P1010315
夕方のお勤めはなく、翌日の朝5時半からやるそうです。