PCXにトップケース装着

いろいろ検索しても新型PCXの作業を解説した記事が見つからなかったので書いておきます。

PCX(JF81)にGIVIの専用金具を使ってモノロックケースを装着しました。
フルモデルチェンジなので、旧型の部品が使えるという情報はありませんでした。でも、取り付けボルトの配置は同じらしいという情報があったので、旧モデル用として販売されているGIVIのスペシャルキャリアSR1136を購入しておきました。

実車を受け取って来て、作業を開始したところで困りました。ボルト穴はカバーで隠されていて、これを外して金具を取り付けるようになっており、旧モデルはプッシュピンを外せばカバーが外れたのですが、新モデルにはプッシュピンが見つかりません。車の内張りみたいに引っ張れば外れるのかなと思って作業を開始しましたが全然外れません。
DSC08136
バイク屋さんに泣きつこうかと思いましたが、もう一度ネットを調べてみたら、新型はグラブバーカバーを外すという情報をみつけました。
実車で調べてみると、グラブバーカバーはネジで2点固定されており、あとは引っ張ればなんとかなりそうです。
DSC08137
ネジを外したあと、前の方から外していくのが良さそうです。
DSC08139
前の方は引っ張れば簡単に抜けるようになっており、後ろの方は↓こんな爪で固定されています。これもある程度の力をかければ外れます。
DSC08145
DSC08143
DSC08146
カバーはこのネジで固定されていました。(裏から見ています)
DSC08141
カバーを外したあとグラブバーカバーをもとに戻します。
DSC08148
SR1136を取説のとおりに固定しました。新型でも問題なく装着できました。
DSC08150
SR1136にモノロックベースを固定します。
DSC08154
化粧パネルを取り付けます。
DSC08159
B37を無事取り付け完了です。
DSC08164
やり方がわかっていれば30分位でできると思います。

気がついたら取説の端っこが猫にかじられていました。
納車までの間部屋においておいたのを暇つぶしにかじったらしいです。
DSC08157

PCXへ乗り換え

125のバイクをアドレスV125からPCX125に乗り換えました。
P1010070
V125が10年になるのと、V125は車体が50並のつくりでスピードが出ると怖いためです。
P1010072
PCXは今年フルモデルチェンジしていろいろ変わりました。
一番の変化がキーレス対応になったことです。いろいろ注意しないといけないこともあるみたいです。
乗ってみると、やはり車体が大きいのを意識します。それから、ブレーキがかなり良くなったのを感じます。V125のブレーキは評判が悪かったのでその影響ですね。ただ、車輪サイズが大きくなることで路面の影響がもっと少なくなると思って期待していたのですがそれほどでもありませんでした。車重が増えた分、力強さは減ったみたいですね。燃費は良くて、一日走りに行ったら52km/lでした。

ドコモレピータ返却

ドコモレピータで検索してここにくる人がとても多いので、返却する手続きも参考になるかと思い、書いておきます。

以前借りたドコモレピータを返却しました。
借りた時の記事はこちら

わたしはNTTドコモのスマホを使っていましたが、わたしの利用パターンと全く適合せず、割高感が限界に達したのでMNP転出することにしました。
・カケ・ホーダイ→通話料は月100円もかかっていません。
・家族分け合い→分け合う人はいません。
・家族割→対象がいません

要するに、割引が前提となっている価格設定に対して割引適用がほとんどなく特典のほとんどが使い切れないので、わたしの場合かなり割高で、その分がMNP転入者や新規契約者獲得のための原資にされている現状でした。

かと言って他のキャリアに移るのは、わたしの行動パターン(辺鄙なところで通信する事が多い)を考えるとサービスエリアの関係で無理でした。最近、同じドコモの回線を使ったMVNOサービスが広まってきて、これならサービスエリアの問題はなくなるのでこれに移ることにしました。タブレットでの通信用にBiglobeのSimとモバイルルーターを使っていたので、それなりに使えることが確認できていました。

ということで、ドコモを解約することにしたのですが、そのためには借りているレピータを返却する必要があります。

まず、借り始めてから2年以内だと違約金が発生することになっていますが、わたしは6月いっぱいでこの条件はクリアできています。

レピータを借りた時の書類に書いてあるように、契約している電話から113をダイヤルします。自動回答によっていろいろ選ばされますが、「故障問い合わせ」-「電波状況改善」と言ったキーワードで選んでいけば、最後にはオペレータのお姉さんにつながります。レピータ返却の意向を伝えると、本人確認のやりとりがあったあと、手続き開始となります。理由等を聞かれたあと、「係の者から別途回収の日程について調整する電話がある」と言われたので、「撤去は自分でできるので、こちらから返送できないか」と聞いたところ、「それなら、返送用の箱と宅急便の伝票を送るので、それで返送してほしい」と言われました。

2日ほど後に、返送用の資材が届きました。

返送用のダンボールが入っているのかと思いましたが、送ってきたダンボールをそのまま返送に使えということらしいです。何度か使った形跡がありました。着払いの伝票が別に送られてくるとの話でしたが、ダンボールの中に入っていました。

返送用の書類として、返送機材のチェックリストと署名欄がありました。この書類には、返送理由として、「引っ越し」にチェックされていました。「ドコモ解約のため」と伝えてあったのですが、そういう記述はしにくいのでしょうか... また、チェックリストのアンテナが「屋内アンテナ」にチェックされていました。こちらが借りていたのは屋外のものです。DBでわかるはずなのですが、確認していないのでしょうか... 署名欄のみ記入するように書かれていたので、そのままにして署名して返送しました。

撤去作業ですが、本体はコンセントを抜くだけ、アンテナは固定に使っている結束バンドをニッパで切断するだけでした。
DSC01909
手元にあった緩衝材も放り込んでおきます。
DSC01910

返送してしばらくしたら、My Docomoの契約一覧のページから「レピータ契約中」が消えました。これでMNP準備完了のようです。

実際に移動できるのは9月なので、しばらく待機です。

レピータがなくなったので、自宅での携帯受信がきつくなります。以前よりはましになっているようですが、やっぱり心配なので着信したら受信状態の良い寝室へ走ることになります。
有線でSIP電話を設置したので、こちらなら問題なしです。